東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 【夢魔の書】ねえ、遊ぼうよ

ぶんのすけ文集

【夢魔の書】ねえ、遊ぼうよ

2004.3.22

大きなショッピングセンターにやってきた。何かのショールームの様でもある。
連れはいたのだが一人で見ていると、奥に何もないスペースがある。
イベント用スペースなのだろうか?コンクリート打ち放しの殺風景なスペースである。

ふっとさびしい気持ちになり、にぎやかなゾーンに戻る。

相変わらずモノ(ゲーム機?)が多く、全体に薄暗いものの、まぁ楽しい雰囲気だ。

ただ、どうしてもさっきのスペースが気になり、もう一度殺風景ゾーンに戻る。
ヒンヤリとした打ち放しのコンクリ壁、何かの台などを見ているうちに、
みるみる恐ろしいことを想い出した。

私は、ここに来たことがある(昔から知っている)。
子どもの頃、友達の女の子と二人だけで遊びに来たことがあったのだ。
そして、原因は忘れたが、彼女は何かから転落して、頭から血を流して倒れてしまったのだ。

まだ幼かった私は恐ろしくなり、血まみれで横たわる彼女を置き去りにして逃げ帰って
しまったのだ。

その後、その女の子はいなくなってしまったが、何故か特に騒ぎにもならずに
うやむやに終わり、私もすっかりそのことを忘れてしまっていたのだ。

それがこの場所だ!
恐怖のあまり全身の毛穴が粟立つ。

どこからか、「ねぇ、遊ぼうよ・・・」と女の子の声がする。
私は恐怖に硬直する身体を必死に動かし、ぎごちない動きでその場から
逃亡する。

皆(誰?家族?)のいるにぎやかな場所に戻っても、女の子の声が
耳から離れず、冷や汗が止まらない。

「大丈夫?真っ青だけど。」と言われ、ちょっと気分が悪いからと言い訳をして、
先に車に戻ることにする。

駐車場に戻り、車に一人で入ると全ての鍵をかけた。
恐怖はまだ消えない。

どすん!と停車中の車体に何かの当たる音と振動。
「来た!」直感的にそう思った。

「ねぇ、遊ぼうよ・・・」・・・やっぱり!!
シートに突っ伏して丸くなり、必死に恐怖と戦う。
女の子(?)の気配は消えることなく、車の周りをねちっこく這い回っている。
ボンネットやフロントガラス、屋根の上からも気配がする。

最早、逃げ場はない・・・

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】sintyaku3_red.gif

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。