東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 【夢魔の書】部屋と彼女と私と

ぶんのすけ文集

【夢魔の書】部屋と彼女と私と

2008.10.17

飛鳥さん(仮名)が住んでいるマンションの一室にいる。

薄暗い部屋で、もう長いこと彼女を見かけていないなぁ、と思う。

彼女の部屋をのぞいてみると、机の上に食べ終わったばかりとおぼしき納豆のパック?が3つ積み重ねてあった。

・・・帰ってきているのか?

探してみると風呂場の方から音がする。

ああ、シャワーしているのか。

しばらくすると頭にタオルを巻いて出てきたので、遠慮がちに声をかける。

「やぁ、久しぶり」

ぎょっとしたような表情を作り、「ああ、居たの・・・」と彼女。

彼女は身支度を済ませると、すぐに出かけてしまった。

戸の外まで見送りに出ると、外は真っ暗で垂れ込める雨雲がものすごい雰囲気となっている。

「天気が悪いから気をつけてね!」と彼女の後姿に声をかける。

見送った後、なんだか心配になってくる私。

そういえば彼女、まだあの会社に勤めているのかな?

気になったので私もでかけることにした。

まるで夜のような暗さの中を歩いていると、果たして雨が降り始めた。

雨脚はだんだんと強まり、ものすごいことになってきたので雨宿りしようと思って通りすがりの体育館風の建物に駆け込む。

戸を引くと開いたので中に入ってみると、薄暗くガランとした空間が広がっていた。

よく見ると誰かがここで暮らしている気配がある。

・・・いた、うす汚いばあさん?だ。

なんだか妙なテンションのばあさんで、左手の中指の第二関節がダムダム断のように平たく割れて固まっている。

なんでもゴボウを素手ですりつぶすためなのだそうだ。

ただ、彼女の主食は、素手でひねりつぶした柔らかいキャベツのようなのだが。

見た目はグロテスクだが、なんかうまそうだ。

元がおいしいキャベツなのだろう。

外の豪雨はやむ気配を見せない。

もう4日以上、滝のように降り続いている。

さすがにこれ以上降ると、洪水とかになるのではないかと思い、外をのぞいてみることにする。

戸を開けて彼方を望むと、薄暗い中に青々とした海原?が、風雨にうねっているのが見える。

・・・ド迫力だ。

海原は見る間にうねりの激しさを増し、ついに怒涛となって津波が押し寄せてくるのが見えた。

体育館に飛び込むとばあさん?に告げた。

「窓を閉めろ!津波が来るぞ!」

締め切ってしばらくすると、建物全体に振動が伝わってきた。

波が到達したのだろう。

急にあたりが静まり返る。

・・・まさか水中に没したのでは?

ばあさん?がそわそわしている。

落ち着けと言うのだが、外が気になって仕方ないらしい。

よせばいいのに戸を少し開けたところ、大量の水が流れ込んできた。

一気に押し流される我々。  ・・・いわんこっちゃない。

仕方なく流されていくばあさん?をひっつかみ、体勢を立て直した時には既にあたりは完全に水没していた。

不思議と息苦しくはなかったので、ばあさん?がはぐれないように紐で私と結び付けて、外に泳ぎ出ることにした。

既に風雨はやんでいるらしく、日が差している。  ・・・水中なのだが。

きらきらと光る水底に人々の生活の痕跡が沈積するシュールな光景が広がる。

中古車センターみたいなところのテーブルに座ったまま固まっている人たちを発見。

よく見るとかつて一緒に仕事をした上司や仲間だ・・・

まるで生きているようなのだが、もはや微動だにしない。

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】sintyaku3_red.gif

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。