東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 【天王山の怪】6.ちゃわんころび

ぶんのすけ文集

【天王山の怪】6.ちゃわんころび

2005.8.8

もうそろそろ天王山ネタも尽きてきたのだが、これは、実は個人的に(4)の話と並ぶか、あるいは一番怖かった出来事である。

(1)の話で登場した天王山登山の入口の急坂。

もう既に真っ暗だったので、宝寺で折り返すつもりで足を進めていた。

かなり上の方まで登り、もうすぐ宝寺の石段が見え始めようかという辺りまできた時のことだ。

前方の真っ暗な坂の上から、何やら聞こえてくる。

カラカラカラ・・・カラカラカラ・・・

何と表現したらよいのだろう。
空き缶の転がる音が近いかも知れない。

その音はどんどん、どんどん近づいてくる。
私に向かって、まっすぐに。

最初はそんなに気にもとめていなかったのだが、ふと昔読んだ信州の怪談を思い出し、一気に冷や汗が吹き出した。

今、ネットで検索してみたのだが、うまく探せなかった。
「ちゃわんころび」という話だ。

手元に原本があるので、以下に謹んで引用させていただく。
(一部省略しています)

「伊那市の羽広のぶらくから、北のぶらくへいくとちゅうに小さな板の橋があってな。そこをわたりおえると、あとは坂になっていたそうな。そのあたりは、昼間でも木がいっぱい茂っていて、とおるにも気味のわるいところだったと。
それが、ただ気味が悪いというだけじゃなかったんだな。なんでも「ちゃわんころび」という、ばけものが出るというんだ。
さびしい夕方や、月や星のない暗い夜にな、その坂の辺りまでくると、カラカラ・・・コロン・・・カランコロン・・・とちょうど、ちゃわんをころがすような音が聞こえてくるだとよ。
そんな音がもし聞こえてきたときにゃあ、もう、みんな真っ青になってな、ちからいっぱい逃げ出したもんだそうな。
なんでも、「ちゃわんころび」は、人をとって食ってしまうというんでな。でも、だれひとりとして、その正体を見たものがないんだそうだ。
それだけに、いっそうこわかったんだな。
おばあさんは、今でも、ふっと夜中に目が覚めたときなど、そいつがやってくるような気がしてならないと。」
(「信州のこわ~い話」郷土出版社刊より)

逃げるべきか?
・・・いや、今どきそんな話があるわけがない。
ここはひとつ、見届けてやろう。

というより、実は足がすくんで動けなかったのだが・・・

幸いなことに、私はちょうど数少ない街灯の明かりの中に立っていた。なにかが出現すれば見ることができるはず。

音はどんどん近づいてくる。
私に向かって、前方の闇の中からまっすぐに。

カラカラカラ・・・カラカラカラ・・・

もうすぐ目の前まできた。
下腹に力を込めて胆力を強める。

カラカラカラ・・・カラカラカラ・・・

なにも見えなかった・・・
その音は、私をすり抜け(一瞬、左右同時に聞こえた)、後方の坂の下へと走り去った。

その後、宝寺まで行ったのかどうか、実は全く記憶がない。
とにかく家には帰り着いたのだが。

数日間、あのカラカラカラ・・・という音が耳にこびりついて離れなかった。

その坂道は、両脇に側溝がある。
だからきっとその中を空き缶が転がっていただけなのだ。
と、自分に言い聞かせてはいるのだが、その側溝は数カ所をのぞいて全部厚いコンクリートのふたで覆われており、現場にはまったく開口部はなかった。
なにかが転がってきたなら、目視できない筈がないのだ。

それにあの音は、地面の中から聞こえる類の音ではなかった。
とても明瞭で、乾いた高い音だった。

とりあえず、私は食われなかった。
恐らくは、狐狸の類のしわざであろう。

ただ、むっちゃ怖かった・・・


大きな地図で見る

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】sintyaku3_red.gif

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。