東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 学変臆説1.イントロダクション

超訳【内藤湖南】

学変臆説 1.イントロダクション

2008.12.30

「天」は循環運動をしているのだという。

例えば、「我々が乗っかっている大地、つまり「地球」という天体ですらも不動のものではなく、円形の軌道上を回り続けているのだという。

ただ「回る」とは言っても、実はその回転の中心点も動いていたりするので、「平面の同一円周上をいつまでもぐるぐると回っている」ということにはならない。

図にしてみればよくわかると思うけれども、その運動の軌跡は、「円」とはいっても、もっと立体的なものになるのだ。

たとえば一本線をひいて、そのまわりをぐるぐると取り囲みながら進む螺旋(スパイラル)形のイメージかな。

地球は、太陽のまわりを365日と5時間ちょっとで一周する。

で、一周し終わったら急に全然別の方向へ行ってしまったりなどはせずに、やはり今まで通ったのと同じ軌道に沿って、引き続き周回し続ける。

そういうわけだから、地球を含む、いわゆる太陽系の惑星たちからは、太陽は中心にデンと構えて全く動かないように見える。

ところがその太陽だって、実は大宇宙の中心のまわりをぐるぐると回っていたりするのだ。

だから太陽系の外から見るならば、「地球は同一の円周上をまわっている」などとはとても見えないハズであり、その軌跡は、複数のぐるぐるまわる螺旋が重なり合う「多重スパイラル」形となって見えることだろう。

そうは言ったところで人間は極めてちっぽけな存在なので、パッと見る限りは同じところをぐるぐる回っているようにしか見えなかったとしても、それはまぁ、仕方のないことかも知れない。

「一度起こった出来事は、昔も起こったことであるし、これからも起こるだろう」というような思い込みが生まれてしまうのも、まぁ無理ないだろう。

「天体が動いている」というのは、膨大な研究や論争の経てようやくたどりついた結論だ。

ただ、学者たちはこのことを「科学知識」として取り扱うだけで、これの応用の範囲を限定しすぎている。

彼らはそれが、「「すべては移り変わる」という究極の真理につながっている」ということに気がついていないのだ。

スパイラル状に発展するのは「天体の運行」だけではない。

我々は、今こそ知るべきである。

人類の道徳心や美的感覚、智慧の発達の過程もまた、同様なのだと。

これを徹底的に究明していくならば、「真」「善」「美」の極致に至るための道筋も、また明らかになることだろう。

ああ、それはなんと素晴らしく、興味の尽きないことであろうか!

・・・というわけで皆さん、もうしばらく私の話をお聞き願いたい。

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。