東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 学変臆説2.大分裂の時代

超訳【内藤湖南】

学変臆説 2.大分裂の時代

2008.12.30

ローマ帝国によるヨーロッパ統一は、プラトン、アリストテレスらのギリシャ哲学とキリスト教を融和することで、思想世界統一の可能性を示してみせた。
(ローマ帝国が統一する前のヨーロッパは小さな国々が割拠していただけであり、「移り変わり」といったところで、それぞれの国の中だけのことであったので、今ここでは議論の対象としない)

そのおかげで教会は帝国が滅んでも、次の新しい国にその強大な権力を持ち越して保ち続けることができたのである。

後には、独裁や専制がはびこって、儀式や格式を「人の心」よりも重んじたりする弊害が発生してしまったりするわけなのだが、それでも当時は「神が全てを統治するのは当然」であるので、その代理執行者たる神職者たちが権勢を振るうのは当然のことだと、誰もが考えていたに違いない。

その時代に彼らが、自然科学の分野においても「地球は全宇宙の中心だ!」とか、「人間様は動植物の頂点だ!」とかを固く信じていたのは、決して宗教統一が原因なのではなく、当時はそういう風潮だったからと考えた方がよかろう。

そうこうするうちに、ギリシャ古代文学の復活、サラセン人経由のアジア教学流入など様々な要因によって、徐々に「自由思想」というものが形成され、ついに「宗教革命」が勃発して教会はその強大な権力を失うに至った。

ただ注意しなければならないのは、ここでうたわれた「信仰の自由」なるものは決して「政教分離」などの観点から言い出されたものではないということだ。

ここで「宗教革命」と呼ばれているものは、実は単なる宗教団体の内部分裂に過ぎない。

「オマエの信じるその「神」は、オレ様は信じない。オレ様はオレ様の「神」を信じる!」ということになっただけの話である。

それまで神職者たちが提供してきた「神」の解釈では人々が飽き足らなくなったがために、ついに教会はその権力を失うに至った。

で、その分散傾向は今に至るまで続いており、国家はもちろん、諸々の学術まで分裂してしまった。

根本中心を求めるのではなく、どんどん枝葉末節を追い求める方向へと向かってしまったのだ。

「宇宙の中心」だと信じられていた地球は、無数にある恒星のひとつに従属する星に過ぎなくなり、「万物の霊長」と信じられていた人間は、「哺乳動物の一種」ということになってしまった。

そして農工商などの各種産業は「分業」の度合いを益々強め、諸々の学問は細分化に走るばかりで相互の連絡を途絶させてしまった。
(遂には、君主中心ではなく「人民の誰もが中心」などということに・・・)

それもこれも、この「分散化傾向」のなせる業なのである。

政治も宗教も「人間を統治する」という目的においては同じものであったハズなのに、政治家は「政治」の世界に閉じこもり、宗教者は「宗教行事」に明け暮れるのみとなってしまった。

挙句にはこの状態を称して「政教分離」とか、「三権分立」とかわけのわからないことを言い出して胸を張る始末・・・

で、このような分裂・分散化傾向というのは、もうかれこれ4、500年も続いてきたのである。

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。