東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 梁恵王章句上7 孟子、いきなりブチかます!

超訳【孟子】

梁恵王章句上7 孟子、いきなりブチかます!

2007.8.2

孟子が梁という国の惠王を訪問した時の会話です。

惠王:「やぁ、遠路はるばる、ようこそいらっしゃいました!
で、今日は我が国にとってどんな利益のあるお話をして下さるのでしょうか?」

孟子:「利益?!・・・王様、何を言いだすんですか。
利益なんて考えているようでは、まるでダメです。
世の中「利益」より「仁義」です。
ただもう、「仁義」あるのみです!!

王様が「我が国の利益を重視する」と言い、
家来は「我が家の利益を重視する」と言い、
大衆は「オレ様の利益を重視する」と言う。

さぁ大変だ。
上から下まで「利益、利益」!
そんな国が長続きするハズがないでしょう!!」

惠王:「まぁ、そう言わないで下さいよ・・・
私も私なりに国のために良かれと思って努力しているんですから。

最近の私の悩みは、国民の人口が隣の国よりも少ないことです。

どうして私のところは少ないんでしょうね?」

孟子:「戦争が大好きな王様にもわかりやすいように説明しますね。

例えば戦闘の火ぶたが切って落とされたとします。

一部の兵士たちが、その剣幕にビビり、クルリと背を向けて、武器を放り出し、鎧を脱ぎ捨てて一目散に逃げ始めました。

ある者は50歩逃げたところで止まりましたが、見ると100歩逃げて止まったヤツがいます。

で、50歩のヤツが100歩のヤツを指さして笑うわけです。
「なんだい、あの臆病者!」と。

王様、これは「アリ」ですか?」

惠王:「・・・いや、それは「ナシ」ですね。
だって、どっちも逃げたことに変わりはないんだから。」

孟子:「王様、それがわかっているのだったら、そんなことで悩むのはやめにしましょう。

百姓たちを農繁期に徴集すれば穀物が取れなくなりますし、池や川に入ることを禁じれば魚は取れなくなります。

それを知っているのに「なんで人口が増えないのかな?」などと言うのは、餓死した人を見て「ああ、あれは寿命で死んだんだよ」と言ったり、ナイフで人を刺し殺しておいて「ああ、やったのはオレじゃない。このナイフがやったんだ」というのとおんなじです。

惠王:「・・・じゃあ、どうしろと言うんですか?」

孟子:「王様、人を棒で殴って殺すのと、刀で切り殺すのと、何か違いがあると思われますか?」

惠王:「・・・いや、どっちも殺すんだから、おんなじですよ。」

孟子:「では、刀で切り殺すのと、政策の失敗で人が死ぬのとではいかがでしょう?」

惠王:「・・・おんなじです。」

孟子:「城の中では丸々と肥えたウマがたくさん飼われているというのに、城の外ではたくさんの人たちが餓死しています。

これは民衆をウマのエサにしているのと全く同じです。

いったい何をしているのですか、アンタは!!」

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】sintyaku3_red.gif

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。