東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 第7話 神仏は役に立つのか?

超訳【夢中問答】

第7話 神仏は役に立つのか?

2008.8.23

足利直義:「・・・しかし和尚、「お祈りしたって願い事などかなうわけがない。過去に作られた「業(ごう)」によって決定づけられた運命は、変えることができないからだ!」というのであれば、仏教なんてなんの役にもたたないということになるのではありませんかね?」

夢窓国師:「こらこら、またすぐそうやって短絡的に考える!

いいか、よく聞きなさい。「業」にも色々と種類がある。

  • 今の人生の振り出し地点を決定したもの。
  • 次の人生の振り出し地点を決定するもの。
  • 次の次の人生の振り出し地点を決定するもの。

で、この3種類以外の「業」がもたらす結果は、操作することができるのじゃ。

過去に作られた「業」は、その軽重を問わず、決して何の結果も出さずに終わることはない。

そのまま放置しておいたらマズイことになりそうな「悪業」による結果を好転させることができるもの、それこそが仏法と呼ばれるものなのじゃ!

そして、いかに仏法が強力なパワーを秘めていたとしても、それを使う人間たちに「反省」や「思いやり」の心がなければ、やはりろくな結果にはならないのじゃ。

ブッダと同時代に活躍した伝説の名医であるジーワカ(耆婆扁鵲=ぎばへんじゃく)は、あらゆる病気を治すことができたのじゃが、「病気」そのものの発生を抑えることはできなかった。

とはいえ、患者はジーワカの言うとおりにしておれば、確実に病気の苦しみから逃れることができたのじゃ。

ブッダもまた、人々が数々の「業」を作ることをやめさせることはできなかったが、そこから発生する苦しみの解消方法を教授することはできたのじゃ。

ブッダは現在・過去・未来におけるあらゆる現象の因果関係を完全に見極めておられた。

当然、人々に苦しみが発生するのは、そいつらの心に「反省」や「思いやり」が欠けているからだということもな。

だから、「オマエが貧乏なのは、前世でケチンボだったからだ!」とか、「オマエの身分が卑しいのは、前世で高慢野郎だったからだ!」とか、「殺生したから短命」とか、「やりたい放題だったからブサイク」とかの衝撃的な例え話を叩きつけることで、人々の自省を促したのじゃよ。

彼の言うことをきいてマジメに努力するならば、「過去の業」なんかに振り回されることなく、自分で自分の運命を切り開いていくことができるようになることは疑いなしじゃ!

さて、今どきの連中はといえば、朝から晩まで悪いことばかり考え続け、ロクデモナイことばかりしでかし続けた挙句に、「金持ちになりたい!」とか「長生きしたい!」とかいって神仏にお祈りしている。

そんなお祈りは、かなう方が不思議じゃ!

そういえば、先日、伊勢神宮まで行く機会があってな。
ついでに知り合いの禰宜(ねぎ=事務方の神官)に色々と話を聞くことができた。

彼が言うには、神社にお参りするには、まずその人が「清浄」であることが必要なのじゃが、「清浄」にも内・外の2種があるとのこと。

また、外の「清浄」というのはいわゆる精進潔斎のことで、ちゃんと風呂で身体を洗ったりすればよいのじゃが、内の「清浄」というのは、利益や名誉を求める気持ちを捨てることであるとのことじゃった。

世間では、神社にお参りするにあたって「玉串料」などと称して金銭を包んだり、雅楽を演奏したりするのが一般的なのじゃが、これはもう、その見返りとして利益や名誉を得たいという気持ちがありありであるので、「全然「清浄」じゃない!」と嘆いておったぞ。

そしてそれ故に、伊勢神宮ではそういったものを一切受け取らないことにしているのだとか。

「裁判官が訴人からワイロを受け取らないようにするのと同じことだ」とも言っていたっけな。

そもそも、もしも貧乏で家柄もイマイチだというのであれば、それは前世においてアレコレと利益や名誉のために悪さをしたことの報いであるのだ。

だから、その悪循環をストップする方法はただひとつ、利益や名誉を求める気持ちを捨てることしかないというのに、ワイワイと大挙してやってきては、やれ奉納品だとかなんだとか称してワイロをおくることに血道をあげておる。

そんなヤツラの願い事など、かなうハズがあるものか!

宇佐(大分県北部)に出現した八幡大菩薩が、その後100年ちょっとしてから男山(京都府八幡市)に飛来したという伝説はオマエも知っておると思うが、その男山では毎年8月1日~15日、「放生会(ほうじょうえ)」という儀式が行われておる。

これは百万匹近い稚魚を山麓の小川に放流するというものなのじゃが、開始時には宮司を筆頭とした神社スタッフが荘重な儀礼服をまとって伎楽を演奏しながら山を下りていくのに対して、終了後は全員白装束に着替えて、白い杖をつき、わらじ履きで帰っていく。

「朝には血色もよくツヤツヤと元気にしていたのに、日暮頃には野原で白骨化しちゃったりして」という無常観をよく表しているとは思わんか?

ところで、八幡大菩薩は「オレは正直者に味方することにしたよ!」と宣言したとか。

ここで「正直」というのは、虚妄に惑わされることなく真実に目覚めることを指すのじゃが、そこまでいかんでも、無常の理をよく悟り、利益や名誉にも惑わされず、実直に生きているというのであれば、それもまた立派な「正直者」じゃ。

八幡大菩薩は大変にポピュラーな神さまなので、上から下まで色々な人たちからの信仰を一身に集めているわけなのじゃが、冒頭そう宣言している以上、「正直」でなければそのお陰をこうむることはできないということじゃ。

どんなに偉い坊さんや有力な貴族であったとしても、そうなのじゃ。
ましてや、そこら辺の根性も力もない連中の相手など、するハズがないじゃろう?

これは何も伊勢神宮や八幡大菩薩だけに限った話ではない。

世間で行われている様々な宗教は、方法論には色々と違いがあるとしても、その目指すところはただひとつ、「迷える仔羊」を救いたいという一点に尽きるのじゃ。

朝から晩まで神仏の願いを裏切りまくっておきながら、「おい、なんでオレサマの願いをかなえてくれねぇんだよ!?」などというのは、ずうずうしいにも程があるとは思わんか!? 」

メニューの使い方

以下の メニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の 「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「 HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。