東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 第8話 お祈りは意味ないから禁止?

超訳【夢中問答】

第8話 お祈りは意味ないから禁止?

2009.8.23

足利直義:「そんなことおっしゃったら、世の中で「お祈り」する資格がある人なんて、ほとんどいなくなってしまいますよ・・・
もういっそのこと、「お祈りなんてするだけムダだから全面禁止!」とでも宣言した方がいいのではないですかね?」

夢窓国師:「いやいや、またすぐにそうやって思い詰める・・・

「お祈りなど意味がない」と言うのはじゃな、例えば「食べる時邪魔だからタネなしのビワを実らせてください!」などと願うようなヤツに対して、「そりゃ祈ってもムダだよ。仮にその願いがかなったところで、永遠に食い続けられるわけでもなかろうに。」と言うようなもんなのじゃ。

そうは言ってもじゃな、「果物のタネを祈りで無くしよう」などと考えるようなバカモノに対して「それはムダだからやめなさい!」と声高に命じたところで、「じゃあ、もっと崇高な理念のために祈りましょう」などとなるわけもない。

単に神仏に対する信心を失うばかりで、そこに秘められている「真実の道」に触れる機会もまたなくなってしまうことじゃろう。

「お祈り」自体を禁止しても、何の意味もないのじゃ。

そういったバカモノに対しては、「なんでも願い事があるならば、神社やお寺にいってお祈りするといいよ!」と、むしろ励ますべきなのじゃ。

密教系の寺院で実施されている様々な調伏息災の儀式があるじゃろ?
火を燃したりするやつ。

あれはつまり、知識も想像力もないバカモノたちを誘引するための手段なのじゃよ。

大日経に、「究極の真実には決まった姿かたちはないので見聞きすることはできず、言葉による説明も不可能である。しかしそうなるとバカはいつまでもバカのままで終わってしまうので、せめて見せ掛けだけの儀式によって注目させ、導きのキッカケを作ろうとするのである。」と書かれているのは、つまり、このことじゃな。

メニューの使い方

以下の メニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の 「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「 HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。