東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 第12話 救うなら自分と他人のどちらが先?

超訳【夢中問答】

第12話 救うなら自分と他人のどちらが先?

2009.10.23


足利直義:「いやいや和尚、人のため人のためっておっしゃいますけどね、自分自身がまだ未完成であるうちは、他人のことにかまっているヒマも能力もないのではありませんかね?

その辺が、ちょっとよくわからないんですよ。

まず自分、その次に余力があれば皆さんのため、というのではダメなんでしょうか?」 

夢窓国師:「しょうもないことを言うな、バカモノ!

そもそも人々が死を恐れながら生き続けるハメになったのは何故じゃ?

まず「自分が金持ちに」、ともかく「自分が有名に」などと、「自分自分」ばっかりで日々をおくって、ろくでもないことばかりしでかし続けてきたからではないのか!?

まず、「自分」ということを無理やりにでも忘れてみろ!

それから「何か利益になることをしよう」としたならば、それらは全て、自然に皆のためにもなるはずじゃから。

そうなったなら、「仏の道」などという言葉を持ち出すまでもなく、「仏道」はほうっておいても完成することじゃろう。

逆に、「自分のため」などと考えたが最後、無限にも近い長年月をかけて修行したところで、まるで「仏」になどなれないことはいうまでもない。

もちろん、「他人を救えるように」などなれるわけもない。

実は菩薩の道にも2種類あってな、まず自分の修行を完成させてしまってから他の人を導こうとする手法もあるのじゃ。

それを「智増」と呼ぶ。

先に挙げたような「まず自分をさしおいて他人のために」というのは「悲増」と呼ぶのじゃ。

それじゃ「智増」はダメなんじゃないか!と思うじゃろう?

そうじゃないのじゃ、そもそもボンクラどもとは目的が違う。

「智増」も「悲増」も、目的はひとつ「全ての人々に幸せを!」ということじゃ。

だから手段は異なれども、同じような効果があるのじゃ。」

メニューの使い方

以下の メニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の 「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「 HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。