東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 第13話 本当の「慈悲」とは?

超訳【夢中問答】

第13話 本当の「慈悲」とは?

2009.10.31


足利直義:「いや、私が読んだ禅の本には、「まず自らをよく研究して熟知した上で修練を積み重ね、完成に完成を重ねた上でなお余裕がある、というのでなければ他人のことになどかまうんじゃない!」と書いてあったのですが・・・

そもそも自分が未完成であるクセに他人の世話を焼く、などというので「菩薩行」が成り立つんですかね?」

夢窓国師:「うーむ、なんと説明したらよいかな・・・

ひとくちに「慈悲」と言っても、実は「衆生縁」、「法縁」、「無縁」の3種があってな、実際に苦しんでいる人を見て哀れみの心を起こして助けてあげるというのは最初の「衆生縁」じゃ。

これは「自分だけが幸せに」などというのに比べたらまだマシな方なのじゃが、可哀想な人が「存在する」、助けてあげるという行為が「存在する」という執着が残っているので「究極の慈悲」とは呼べない。

維摩のオッサンが「愛見の大悲(あらまぁ、可哀想な人がいるわ!何か恵んであげなくちゃ!という気持ち)が心の中に生まれたら、全力で振り払え!」と言ったのは、まさにこれのことじゃ。

逆に、「ああ、可哀想な人がいるように見えるが、実際は「可哀想」に思えたとしてもそれは見せかけだけのことだし、「人」などというものも実在しないし、「見る」という行為すら幻なんだよなぁ・・・」ということに気づき、それを通じて皆の悩みや苦しみを超克させることを「法縁」と呼ぶ。

これはなんだか良さそうに思われがちじゃが、実はまだ究極のところではない。

なぜならば「マボロシが存在する」という気持ちを捨て切れていないからじゃ。

それならいったいどうしたらよいのかと思うじゃろうが、「無縁」というのが究極のところじゃ。

それは人間が本来持っている潜在能力が全開になった時に現れるものなのじゃが、誰かを「助けよう」などと一切考えないにもかかわらず、周囲の人がどんどん幸せになっていく。

あたかも雨上がりの満月の夜、あちこちの水たまりの全てに月が映るような感じでな。

何かを主張するとかしないとかいうことを離れ、助けるとか助けないとかいうことも離れている。

これこそが本物の「慈悲」なのじゃ。

先の「衆生縁」「法縁」の慈悲を発揮するものは、その「慈悲」というもの自体にとらわれてしまって、かえって本当の「慈悲」が発揮できなくなってしまう。

「小さな親切、大きなお世話」というのはつまり、このことじゃな。

「「一日一善」とかで満足してんじゃねぇよ!」と百丈和尚が叱りつけたのも、同じ理由からじゃ。

メニューの使い方

以下の メニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の 「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「 HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。