東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 第23話 魔境を避ける方法はあるか?

超訳【夢中問答】

第23話 魔境を避ける方法はあるか?

2011.1.10

足利直義:「そうは言ってもですね・・・
酒飲みは、「自分が酔っ払っている」ということにはなかなか気づかないものです。
それと同じように、既に悪魔に憑りつかれて魔境に入ってしまった人は、もう「あっ、オレ、ひょっとして魔境に入ってる!?」といった具合に気づくことは不可能ではないかと思うのです。
もしそうだとしたならば、せっかく事前に悪魔と戦う方法を習っておいたとしても、結局ムダになってしまいます。
何か初心者向けの用心として、そもそも魔境に入らないで済むような方法はないものでしょうか?」

夢窓国師:「あのな、「魔境を恐れて、入らないで済む方法を求める」などという気持ちを起こすこと自体が、既に「魔境」なのじゃ。

ナーガルジュナ(龍樹)が、「意識した途端に悪魔の網の中。意識しなければそこは悪魔の網の外。」と説いたのは、つまりそのことじゃな。

ワシの尊敬する先輩は、こんなことを言っておった。

「悪魔は心にしかつけ込めない。だったらそんな心なんて放っておけ!それこそが「降魔の秘術」じゃ。」

先に挙げた道樹禅師のエピソードは、つまりそれを実践したわけじゃな。

「仏の世界を愛する」こと、それは「魔界」とイコールなのじゃ。

「仏の世界」はもちろん、「魔界」すらも忘れた時、そこには「仏の世界」がある。

本物の修行者というものはこの理屈を知っているから、「仏界」も愛さないし「魔界」も怖れない。

そして「これをしたら何か得るものがある」などという気持ちすら捨てて、かつウンザリしてやめてしまうこともなく、淡々と修行を続けるのじゃ。

そんなヤツの前では、様々な障害など全て無いのと同じじゃ。なんの怖れることなどあるものか!

また、円覚経には次のように書かれておる。

「末世に生きるものたちよ、自らも円満な智慧を持って、互いに尊敬できる人たちとともに、様々な障害を消滅させて進みなさい。そしてキレイサッパリとした解脱の宝殿に昇るのです。」

すべからく初心者たるもの、この「円満清浄」の大願を持つべし。

それさえできれば、神や仏が護ってくれるのはもちろんのこと、悪魔の方から離れていき、やがて必ず「二度と引き返すことのない」境地に到達できることを、ワシが保証するよ!」

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】sintyaku3_red.gif

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。