東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 第25話 小賢しいのはダメ!

超訳【夢中問答】

第25話 小賢しいのはダメ!

2011.9.20


足利直義:「しかし、和尚はそう仰いますけれども・・・

例えば外道たちのようなのは「智慧」などといってみたところで最初から間違っているわけなので、それは当然ジャマというかダメなんだろうとは思いますが、華厳経にあるように正しいやり方で段階を踏んで修行することで得られる智慧もダメなんでしょうか?」

夢窓国師:「仏教典には「智慧なんかがあるおかげで、かえって混乱してしまう」という言葉が出てくる。

これはたとえば、お灸をすえるのは病気を治すために必要なことじゃが、治ってしまってからのお灸は単に苦痛なだけというようなもんじゃ。

華厳経で滔々と述べられておる「十地(じっち)」とは、菩薩修行の段階を10レベルにわけて具体的に示すものなのじゃが、そこには、「それまでに獲得した知識や境地に間違いがあることに気がついたとき、ひとつ上の段階へ登ったといえる」と書かれておる。

つまり、それまでに獲得した知識や境地を否定することを通じてこそ、ひとつ上の段階へ登れるのだということじゃ。

「あっ、何やってんだオレ!? 今まであんなしょーもないものを最高だと思って信じていたなんて・・・ バカ! 今までのオレのバカ!!」 という気持ちになったとしたら、それは菩薩レベルがひとつアップしたということなのじゃ。

次々に直前の知識や境地を否定してゆき、遂には仏とほぼイコールとなる「等覚」の境地に到って智慧は完成の領域に達するが、まだ「無明」の域を脱しておらず、最後にそれまでに得た「智慧」を「無明」と同時に振り捨てることで最終境地である「妙覚」の境地に到ることができる。

これを「妙覚智断」と呼ぶのじゃが、それが本当にできた時には、それまでの修行過程のことはもちろん、最後に「妙覚智断」を実施したことすらも忘れてしまう。

そして、そうなった時はじめて、直接見ることのできない奥深いところに元から持っていた「本物の智慧」とひとつになることができるのじゃ。

その境地からしてみれば、様々な知識やそれを得るための理屈や経験は、全て本来の目的ではなく「手段」に過ぎないということになり、黄檗禅師はこれを指して「妙覚も尚これ化城なり」と説いたとか。

「化城(けじょう)」とは法華経で語られる「かりそめの城」のことで、根性なしの一般ピープルを「騙してでも」本来の目的地に向かわせるために仏がマジックで出現させる福利厚生施設のことなのじゃが、こんな話を聞くと、とにかく手っ取り早く悟りを得たいと考えている禅宗の坊主どもは「やっぱりオレたちのやり方が一番だ!」とばかりに調子づき、知識を重視するそれ以外の宗派の坊主どもは「オレたちの教学システムをコケにするのか!?」とばかりに激怒することじゃろう。

これらは皆、言葉尻ばっかりにとらわれて、「真実の智慧」を理解しようとしないからそうなるのじゃ。

「真実の智慧」が発揮できている人は、決してこんなことでプンプン怒ったりはしないし、調子づいて浮かれたりすることもない。

「賢い」から偉い、という考えは捨てなさい!

「バカ」だからダメ、という考えも捨てなさい!」

メニューの使い方

以下の メニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の 「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「 HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。