東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 第26話 頭でっかちもダメ!

超訳【夢中問答】

第26話 頭でっかちもダメ!

2011.12.25

足利直義:「しかし、和尚!

「人は皆、奥深いところに元から持っていた「本物の智慧」を持っている」などとおっしゃいますが、実際にそれが100%発揮できた人など、私は未だかつて見たことも聞いたこともありません。

なぜ、皆それができないのかといえば、ずばり皆、揃いも揃って「バカ」ばかりだからじゃないですか。

なのに、「智慧はジャマだから捨てる」なんてことをしてしまったら、皆「永遠にバカのまま」ということになってしまうのではないでしょうか・・・」

夢窓国師:「例えばじゃな、日常生活をどのように過ごしたらよいのか自分で判断できないような人は、「〇〇占い」とかを読んで参考にしたりすることがあるじゃろう。

占いに書かれていたことを実行してみたからといって、すぐさま結果が現れたりすることなどあるわけもないのじゃが、信じ続けておれば、いつか納得のいく結果を得る時がくるものじゃ。

同じように、仏教の教えの内容が深すぎて理解出来ないような人は、とりあえず教えに出てきた言葉を丸暗記することを「信仰」と呼ぶほかはない。

「智慧」というか、「頭でっかち」はダメだからやめろ、というのは、我ら禅宗だけが言っているのではない。

法華経にも、
「遠い昔、空王仏という名の仏の元に2人の修行者がいたのだが、ひとりはとにかく大量の知識を身につけることに喜びを感じ、もうひとりは知識を詰め込むよりも実際に行動に移すことの方を重視していた。
もう気づいていると思うが、この時の知識量重視の修行者は、つまりアーナンダ、お前のことだ。そして、行動重視の修行者というのは私のことだ。
知識と行動に関する態度の差が、今のオマエと私の差になっているわけだ。」
と、ブッダが説いたという話が出てくる。

首楞厳経(しゅりょうごんきょう)にも、同じエピソードが載っておる。

円覚経には、「最近の連中ときたら、「立派な人」というのは「知識の豊富な人」のことだとカンチガイしちまって、アレコレと詰め込んで嬉しがるばっかりで、真面目に日常に取り組もうとしない。」と書かれておる。

ここまで言うと、「ああ、「知識人」というのは「クイズ王」のことであって、「智慧」あるかどうかとは別問題なんだな」、などと思うヤツもおるじゃろう。

しかしじゃな、そんなヤツも、やはりまた「知識」と「智慧」の区別がついていないと言わざるを得ない。

楞伽経(りょうがきょう)には、「立派な人になりたいというのであれば、「知識人」と交流を深めなさい。ただし、間違ってはいけません。ここで「知識」というのは、「大量の情報を詰め込んでいる」という意味ではなく、「ものごとの理(ことわり)を正しく理解している」という意味なのです。「ものごとの理」は、いわゆる「言説」からはもちろん、「思索」からも離れたところにあるのです。」、と書かれておる。

ワシは、あえて、「世間の人が「智慧」だと考えているものは、全て「詰め込まれた情報」だ」と断言しよう!」

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】sintyaku3_red.gif

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。