東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 第28話 妄想は智慧の大敵

超訳【夢中問答】

第28話 妄想は智慧の大敵

2012.10.22

足利直義:「いやいや・・・ そんなこと言ったら勉強も修行もしない連中が続出してしまいそうですが、それでいいんですかね?」

夢窓国師:「確かに、「テキストで勉強すればよいというものでもない」と聞いたら、「じゃ、やーめた!」となるヤツはおるじゃろうな。

で、そういう考え方はただの妄想であるので、結局グダグダのまま終わることになる。

華厳経に、「いやぁ、まったく困ったもんだ。全ての人は皆、仏と同じ智慧を持って生まれてきているというのに、妄想にとらわれてしまってそれに気づくことができないとは・・・」と書いてあるのは、つまりこのことじゃな。

例えば、身体能力も芸術的才能もたっぷりと持って生まれた人がいて、その人が重い病気にかかってしまい、手足に力も入らなければ、思考をうまく表現することもできなくなってしまったとする。

で、病院で寝ながらテレビを見ていると、アスリートやアーティストが活躍している様が映り、なんだか羨ましくも悔しく思えてきて、まだ病気が治っていないのに無理なリハビリにチャレンジして、結局無理がたたって死んでしまったりする。

これはつまり、「自分には生まれ持った能力や才能があるので、病気が治ればちゃんと元のように活躍できる」ということが信じきれなかったが故の悲劇じゃ。

まず、病気を治すことにこそ専念すべきであったのにな。

学問にもこれと同じことが言える。

「人は皆、仏と同等の智慧を持っている」ということを信じることができず、妄想に駆られて余計なことばかりするもんだから、それにジャマされて折角の「仏の智慧」が全然使えない。

そうとも知らず、自分より優れた人を見ればたちまち負けず嫌いを発揮して、脳内の山盛りの妄想をますます膨らましながら手当たり次第にテキストを読みまくり、先師の名言を詰め込みまくり、「ミラクルパワー、カモン!!」などと願っておる。

これこそ、「妄想のかたまり」というヤツじゃ。
こんなことでは、いつまでたっても「本当の智慧」など現れるわけがないよなぁ・・・」

メニューの使い方

以下の メニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の 「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「 HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。