東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 第30話 そうやってあれこれ言うのが妄想!

超訳【夢中問答】

第30話 そうやってあれこれ言うのが妄想!

2012.10.22


足利直義:「いやいや、先ほどまで和尚が「妄想」と呼んでいたのは「テキスト」とか「先師の言行」とかの話だったではないですか。

それを「要するに、あれもこれも全部妄想!」とか言われてしまうと、もうなんだか訳がわからないのですが・・・」

夢窓国師:「ワシが言いたいのはそういうことではない。

要するにだな、本当の智慧が駆使できるようになった人であれば、何をどのように言ったりやったりしたところで、それらは全て「方便」であるのでOKなのじゃ。

「口から火を吹くことができるものは、決して自分の口を焼いたりしない」というヤツじゃな。

逆に、そうではない連中が言葉尻だけをとらえて、あれこれとつまらん論議を繰り広げたりするのは「全部妄想」だということじゃ。

今時、物知り顔でペラペラと教義解釈を垂れているようなヤツらが、何故、かつての師匠たちの足元にも及ばない感じなのかわかるか?

師匠たちが講義してくれた内容は、皆、師匠たちが本当に我らに伝えたかったこととは離れているのだということに気づかなければいかん!

天台大師は引退時に、「後のことは伝承者の南岳に聞け!ただ、それだけだ。」と言ったそうな。

大日経の解説には、「自分の心を本当に知っているのは自分の心だけだ。自分の心に悟りを得させるのもまた、自分の心だけなのだ。それ以外は全て不要。それを知ることを「悟り」という」と書かれておる。

仏教の宗派を問わず、「経典解釈こそが仏教の本旨」などというヤツは誰もおらんじゃろう?

先師を批判し、学者の説にあれこれと上から目線でケチをつけるようなヤツらの死に様があまり良くないのは何故だと思う?

あれこれの学説やその解釈は、先師たちが本当に伝えたかったことではないのじゃ。

雲門大師も言っておるじゃろう?

「もし、仏教の真髄がテキスト上のことなのであれば、この国には昔から膨大なテキスト資料が既にあったのだ。達磨大師がやってきたからといって、何もすることはなかったのではないかな?」、と。

メニューの使い方

以下の メニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の 「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「 HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。