東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 第33話 真の安らぎとは

超訳【夢中問答】

第33話 真の安らぎとは

2012.10.23

足利直義:「禅宗にしろそれ以外の宗派にしろ、様々な教えをすっかりカンチガイしてそのまま凝り固まったような人は、それは確かにダメだろうと思います。

しかしですね、膨大なテキストを読んでも言葉上のことにとらわれず、禅の手法をきちんと学んで自律神経失調とかに陥らないような人、こういう人はアリなんじゃないですかね?

そういうのは全部「ダメだ」というのであれば、その上で「真実を悟った人」なんてそこら辺のアホウと変わらないように思うのですが・・・」

夢窓国師:「こらこら、またすぐそうやって思いつめる・・・

「真実の境地」にはアホとか賢いとかの区別はないのだと、先程から何度も言っておろうが!

本当はないにも関わらず、「アホ」と「賢い」の区別をつけたがる。

それを「アホウ」と呼ぶのじゃ!

本当に賢い人は、決してそんな区別はしない。

もちろん、「オレって賢い!」などということは考えもしない。

「オレは本当は賢いんだけど、それをそのまま主張するのはちょっとアレなので、ここはひとつ謙遜しておこう」、などというのとも違う。

例えば、人は健康である時は医学とか薬とかは不要だが、一旦調子を崩したとなったら、これはもう俄然、医学の出番じゃ。

医者は病人を見て、それぞれの症状に合った薬を処方する。

症状がひとつではないものだから、治療方法は実にバリエーション豊富なものとなる。

しかし、治療方法がどれだけ千差万別であるといっても、それらの目的はたったひとつ、病気にかかる前の状態に戻すということに尽きる。

病人が医者のところへ行くのは病気を直してもらいたいからであって、決して医学を学びたいからではないということはわかるじゃろう?

医者の治療によって病気が治った時、そこに安らぎが訪れる。

この時「医者のお陰で安らぎを獲得できた」とか考えがちじゃが、よく考えてみれば、「病気にかかる前の状態に戻してもらった」だけのことであり、「医者が安らぎを与えてくれた」ということではない。

それでは医学を極めた人のことを「心の安らぎを得ている人」と呼ぶかといえば、それもまた違う。

仏教もまたそれと同じことじゃ。

もともと人には「悟る」とか「悟らない」とか「偉い」とか「偉くない」とかの区別はない。

禅宗などの各宗派が様々に分かれているのは、これはつまり病気と同じで、たくさんの種類の症状があるからなのじゃ。

仏様が数々の教えを説いてくださったのは、ひとえに様々な症状に苦しむ人々の苦しみを除き、「真の安らぎ」の境地を取り戻させるためなのじゃ。

決して、我らにその教えのバリエーションの豊富さを見せつけたかったからでなはい。

もしも「無明」とか「妄想」とかの症状が除かれたとしたなら、その瞬間から「生死」とか「輪廻」とかを超越し、「悟る」「悟らない」の区別もなくなってしまう。

これこそが「大解脱」というヤツであり、これができた人を「悟りきった(大悟)人」と呼ぶ。

決して、仏教の各宗派の全ての学説をマスターすることを「悟り」と呼ぶわけではないのじゃ。

にもかかわらず、世間にはあれこれと膨大な知識を詰め込んだ挙句に「オレは仏教をマスターした!」などと言い出すヤツが跡を絶たない。

これはつまり、薬の飲み過ぎでかえって病気になってしまったようなものじゃ。

「教病」とか「禅病」とか呼ばれるものが、つまりこれじゃ。」

メニューの使い方

以下の メニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の 「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「 HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。