東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 第28話 大河の一滴 「久嚮龍潭」

超訳【無門関】

第28話 大河の一滴 「久嚮龍潭(ひさしくりゅうたんをしたう)」

龍潭(りゅうたん)和尚のところに、「金剛経」研究の第一人者であった徳山という男(13話に登場した和尚の若い頃)が尋ねてきていた時のことです。

問答はなかなか尽きず、夜になってしまったので、龍潭和尚は言いました。

「もう夜がふけてきたから、そろそろ帰ったらどうだい。」

徳山はまだ言いたいことがあったので帰りたくなかったのですが、そう言われて仕方なく外に出ました。

ところが、外は真っ暗闇でとても歩けたもんじゃありません。

徳山は引き返してくると言いました。

「いや、辺りが真っ暗なもんで・・・・・・

龍潭和尚は提灯を出してきて、灯をつけると徳山に渡してあげました。

徳山が「どうも」とばかりに受け取ろうとしたその瞬間、龍潭和尚はその灯りをフッと吹き消してしまいました。

徳山はその瞬間、ガビーンと悟ってしまいました。

無言で深々と龍潭和尚に頭を下げる徳山氏。

「おいおい、いったいどうしたんだい?」と龍潭和尚。

徳山は言いました。

「私は、もう二度と和尚の言われることに疑問を持つことはないでしょう。」

次の日、龍潭和尚は教壇に登ると言いました。

「鋭い牙と血まみれの口を持ち、棒で殴られてもビクともしない。
もし、そんな男がいたとしたら、そいつこそ、余人の及びもつかない孤高の悟りの境地に至れる奴だ!」

それを聴いた徳山は、片手に自らの著書「金剛経注釈」、もう片手には松明を握り締めて前に進み出ると、それらを振りかざして叫びました。

「どれだけ仏教の教義を究めたところで、そんなものは所詮、大空に一本の毛を放り投げたようなものだということを、今こそ思い知った!
また、どれだけ世渡りの術に長けたところで、一滴の雫が大渓谷にポタリと垂れた程度の意味しかありゃしないんだ!」

そして、それまでの自分の研究の集大成である書物を焼き捨て、一礼すると去っていったということです。

徳山のオッサンは、地元では随一の研究者だったのだが、知識は豊富だったものの、トークがイマイチで、対人コミュニケーション能力は低かった。

ところが、「テキストに頼らない方法でコーチングする(教外別伝)」などと標榜する禅宗とやらをギャフンといわせることでメジャーになろう、などという野望にとりつかれ、鼻息も荒く乗り込んできたわけだ。

で、途中で一服するために茶店に立ち寄り、点心(軽食)を注文したところ、店の婆さんに「あんたが引いてきたあのリヤカーに積んであるあの大量の書物は、いったい何なんだい?」と質問された。

徳山が自信満々で、「これはな、俺様の書いた金剛経というムツカシイお経の解説書なんだよ。」と答えたところ、婆さんに、「そのお経には「過去の心は得られない。現在の心も得ることはできない。未来の心なんて得られるわけがない」と書いてあるハズだけど、アンタはそのうちの、いったいどの心を点じようとしているんだい?」と突っ込まれてしまった。

徳山は婆さんに一本取られてしまい、すっかり気まずくなってしまったが、辛うじて話題をそらすと「この辺りには立派な和尚がいるようだな」という言葉を搾り出した。

婆さんが「あっちに龍潭という和尚がいるよ。」と答えたので、龍潭和尚のところまでノコノコとやってきた挙句、さんざんな目にあってしまったというわけさ。

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】sintyaku3_red.gif

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。