東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 第41話 心の安らぎとは 「達磨安心」

超訳【無門関】

第41話 心の安らぎとは  原題「達磨安心(だるまのあんじん)」

今から1500年ぐらい昔のことです。

インドから来た「ダーマ(達磨)」という名の偉い坊さんが、壁に向かってムッツリと座リ続けているという噂を聞きつけた慧可(えか)という若い修行僧が、噂のお寺にやってきました。

慧可は壁に向かったままのインド僧に呼びかけます。

「お願いです。どうか私を教え導いてください!」

インド人は無言です。ピクリとも動きません。

「お願いです。何とか言って、私の迷いを解いてくださいませ!」

インド人、あいも変わらず無反応です。

壁に向かったままのインド人に、ひたすら庭先から呼びかけ続ける若い中国僧。

もうどれぐらいの時間が過ぎたでしょうか、あたりは薄暗くなり、おりしも雪が降り始めました。

庭先にいる中国人の上には雪が積もり始めます。

このままではダメだ・・・・・・
中国僧慧可は、思い余って自分の片腕を切り落としました。

白い雪に飛び散る鮮血。

顔面蒼白になりながらも、慧可は切り落とした自分の片腕を残った手で拾い上げるとインド僧達磨に訴えかけました。

「・・・・・・私の心はフラフラとさまよい、一時も落ち着くことができません。
お願いです。
どうか私の心に安らぎを与えてください!」

と、達磨さんが初めて口を開きました。

「お前の心だって?
わかったよ、安らぎを与えてやろう。
すぐにここに持ってきなさい。」
慧可はこたえました。

「そ、それが・・・・・・
ずっと捜し求めているのですが、どこにあるのか見つけることができないのです。」

すかさず達磨さんは言いました。

「じゃあ、もう安心だな!」

全くこのインドのジイサンときたら・・・・・・

遥か彼方からやってきたと思ったら、折角風もなく穏やかだったところに大波を起こしやがって!

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】sintyaku3_red.gif

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。