東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 第42話 マジックバトル 「女子出定」

超訳【無門関】

第42話 マジックバトル  原題「女子出定(じょしのしゅつじょう)」

ある日、マンジュシュリ(文殊菩薩)がお釈迦さまのところに行くと、丁度集まっていた大勢の仏たちが解散するところにでくわしました。

皆それぞれの持ち場に帰っていったのですが、一人の女性だけは、お釈迦さまのそばで瞑想(三昧境)にふけったままビクとも動こうとしません。

「智恵」に関しては第一人者であることを自負し、お釈迦さま以前の仏七人(過去七仏)の師であることを誇りに思っているマンジュシュリは、思わずお釈迦さまに質問しました。

「この女は、いったいどうして貴方のすぐそばにいるのですか?
この私ですら、そんなところまでは近寄りがたいというのに・・・・・・」

お釈迦さまは言いました。

「そんなに理由が知りたければ、この女を瞑想状態から呼び覚まし(出定させ)て尋ねてみたらどうだい。」

そこでマンジュシュリは、女性の周りをぐるぐると歩いて3回まわり、指をパチンと鳴らし、ありとあらゆるマジカルパワーを駆使しましたが、彼女はまったく目を覚ましません

お釈迦さまは言いました。

「例えお前と同じ能力を持つ者が一万人で力を合わせたとしても、この女を三昧境(定)から連れ出すことはできないだろう。
でも、ここから12億河沙(ガンジス川の川底の砂粒の数x12億)下に行ったところにいる罔明(ボンクラ)菩薩ならきっとできると思うよ。」

その途端、罔明菩薩が12億河沙の彼方から瞬時に召喚され、地面から湧き出るように現れました。

お釈迦さまが指示すると、罔明菩薩は女性の前にツカツカと歩み寄ると、パチンと指を鳴らしました。

すると、なんということでしょう。
女性はあっさりと目を覚まし、三昧境(定)から出ることができたのでした。

お釈迦さまときたら、全くなんという猿芝居を・・・・・・

とはいえ、これはちょっとやそっとのことではないぞ。

こと、女性を瞑想から抜け出させるにあたっては、お釈迦さま以前の7人の仏の先生である文殊菩薩が、なんでまた修行者としては最低レベルの罔明菩薩にも劣るんだい?

もしもその答えがわかるなら、この苦しみの世界の真っ只中で、そのまま深い悟りを得ることができるだろうな。

抜け出させるとか出せないとか。
どちらも実は、たいしたもんだ。

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】sintyaku3_red.gif

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。