東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 4-3 聖人は誰だ?

超訳【列子】

4-3 聖人は誰だ?

2007.11.21

ある日、宋の国の総理大臣が孔子のところに表敬訪問にやってきました。

総理大臣:「おお、あなたが皆がほめたたえるところの「聖人」、孔先生ですね?
お会いすることができてとても光栄です!」

孔子:「聖人?何を言うのかと思えばまったく・・・(苦笑)
ワシは「聖人」なんかじゃなくて、単なる「物識りジジイ」じゃよ。

総理大臣:「え!?聖人じゃないんですか?!
・・・じゃぁ、アレですよね、あなたがいつも絶賛しているという三王(夏の禹王、殷の湯王、周の文王・武王)が聖人なんですね?」

孔子:「いやいや、彼らはみな勇気と智恵を兼ね備えた優秀な人たちで、立派にそれぞれの国を治めたのは確かじゃが、だから「聖人」かと言われるとビミョーじゃな・・・」

総理大臣:「そ、それじゃぁ、三王よりも前の五帝(黄帝、顓頊、嚳、堯、舜)が聖人なんですね?」

孔子:「うーん・・・彼らはみな仁義に厚く、素晴らしい人徳者だったのは間違いないのじゃが、「聖人」とはちょっと違うような・・・」

総理大臣:「えーっ!?五帝も違うんですか!?
・・・では、はるか昔の伝説上の王、三皇(燧人・伏羲・神農)こそが聖人なんですね?」

孔子:「む・・・三皇か・・・
彼らは人類に火や道具を使うことを教え、文字を発明し、婚姻を含む社会制度を作り上げ、医療や農業のシステムまで開発したという伝説の王者じゃ。
しかし、「聖人」かと言うと・・・どうじゃろうなぁ。」

それを聞いた総理大臣がビックリしてしまって、「マ、マジですか!・・・それじゃぁ、「聖人」なんて実在しないということですね?」と言うと、孔子は背筋を伸ばして座りなおし、しばらく沈黙した後、真顔で言いました。

「いや、聖人は実在する。
ワシもまだ会ったことがないのじゃが、ここからはるか西の彼方に、聖人がいるらしい。
何も治めていないのに彼の国はキチンと治まり、何も言っていないのに民衆はみな彼のことを信頼し、何もしていないのに彼のおかげで全ての事柄がうまく行っているのだそうじゃ。
その素晴らしさはあまりにも厖大で、とても言葉で表現することができないのだとか。
・・・あくまでも人から聞いた話なので、事実かどうかもよくわからないのじゃが、もし、本当にそんな人が存在するのだとしたならば、それこそ「聖人」と呼ぶべきじゃと、ワシは思っているよ。」

総理大臣はそれを聞くと、もう何も言えなくなってしまいましたが、心の中でこう思いました。

「このオッサン・・・テキトーなことばっかりぬかしやがって!」

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。