東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 第九編自序

超訳【西国立志編】

第九編自序

2007.2.17

ある人が私に向かってこんなことを言った。

「先生、こりゃまたムッチャ素晴らしい本ですね!この本を読めば、ヨーロッパのことが全てわかっちまうんですよね!?」

チガウ!全然ちがう!
この本に書いてあることは、あくまでも一個人の意見に過ぎないのだ。

そんなものを取り上げて「これこそ全てだ!」などと言うのは、思い違いもはなはだしいと言わざるを得ない。

私がこの本を翻訳しようと思ったのは、皆さんにそんな勘違いをさせるためではないんだよ。

だいたいこの世の中、毎日めまぐるしくいろんな出来事が起こって尽きることがない。

ちょっと前の人が「これは白だね」と言っていたことが、今日になってみると「いや、これは黒でしょう」となるなんてことはザラにあるだろう?

だから今この瞬間「よい」とされているからといって、これから先もずっと「よい」などと思ってはいけない。

世界中の人が「NO!」と言った中で、ただ一人だけ主張を曲げなかったために散々ヒドイ目にあわされたにもかかわらず、その後にその名が燦然と輝くことになったガリレオの例を見るがいい!

世間で言われていることが常に正しくて、ちょっと変わったオッサンの言うことなんて取るに足りないなんて、どうして決めつけられるんだ?

ソクラテスを見ろ。
当時の大衆に異端視されて処刑されてしまったが、今や聖人としてあがめられているではないか!

だから何千何万もの意見や情報を集めてきたところで、それが「全てだ」なんてとてもではないけど、言えないのだよ。

で、何?
このちっぽけな本が「全て」だって?
とんでもない、何万分の一にだってなりゃしないよ。

私が元々英語で書かれたこの本を日本語に翻訳しようと思ったのはね、すっかり島国根性が染みついちまったこの国の人たちに外国の事例に触れる習慣をつけてもらうことを通じて、思い上がった心を改めてもらいたかったからなんだよ。

で、いろいろな意見をもった人たちをたくさん作ることによって、ちょっと声が大きいだけの人の意見に皆でワーっと引きずられて行っちまうようなパターンをやめさせたかったというわけ。

だから、頼むからこの本を読んだだけで「よっしゃ、ヨーロッパのことは全部わかったぞ!」なんて言わないでおくれ。

靴をはいたまま足をかいたところで、足のかゆみはおさまりはしないのだから。

  (続く)

次のページへLinkIcon

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。