東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 太鼓がドーン!

超訳【祖堂集】

太鼓がドーン!

2008.11.3

ある時のことです。

道吾和尚は新入生がやってくるというので、お堂で待機していました。

新入生がお堂に入ってくるなり、和尚は太鼓を「ドン」と打ち鳴らし、ものも言わずに自分の部屋に帰ってしまいました。

それを見た新入生、進み出るとやはり太鼓を「ドン」と打ち鳴らし、くるりと振り向くと寮に帰ってしまいました。

新入生歓迎セレモニーを仕切るハズだった主任は、すかさず和尚のところに文句を言いに行きました。

「和尚!いったいなんなんですか、今のは!?
打ち合わせどおりにやってくれないと、私が困るじゃないですか!!
百歩譲って、太鼓を叩くのは、まぁ、和尚の役目だったのでよしとしましょう。
しかしなんでまた、新入生が叩くんですか!?
まったく、ワケがわかりませんよ!!・・・」

和尚は言いました。

「そうかそうか。
それでは明日、ワシがオマエのために取調べを実施してやるよ。
例の新入りに、ちゃんとメシを用意してやりなさい。」

次の日の食事の時間、その新入生が食堂に入ってくるのを見た和尚は、給食係の小僧に向かって、その新入りを指さしてみせました。

小僧が食事を持って新入生のところに運んでいくと、彼はニッコリと微笑むと小僧の頭をぐいっと撫でつけ、こう言いました。

「ほら、和尚さんが呼んでいるぞ!」

和尚は、それを聞くなり部屋に帰ってしまいました。

主任がふたたび和尚に文句を言いにやってきます。

「和尚!見ましたか、今のを!?
アイツ、またやってくれましたよ!!
昨日は昨日で勝手に和尚の太鼓を叩いちゃうし、今日は今日で取調べをしようとしたら小僧の頭を叩くなんて・・・
まったく、なんてヤツだ!!」

和尚は言いました。

「だが、オマエのための取調べは終了したぞ。」

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】sintyaku3_red.gif

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。