東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 第11話 アーナンダ

超訳【維摩経】

第11話 アーナンダ

2006.12.8

一人息子ラーフラ(羅喉羅)にまで断られてしまった世尊は、とうとうアーナンダ(阿難尊者)に命令します。

「アーナンダ!お前なら行ってくれるよな!?」

アーナンダは言いました。

「えーっとですね、これは今まで誰にも話さなかったことなのですが、こんなことがありました。
以前、あなたは体調を崩して寝込んだことがありましたよね?
その時私は、なにか栄養のあるものを食べさせなければいけないと考えて、朝早くから牛乳を探して奔走していました。
あるお金持ちの家に目をつけ、「さぁ牛乳をもらいにいこう」とばかりに門をくぐろうとしたまさにその時、ふいに誰かが私を呼び止めました。
「おいコラ!お前さん、そんなところで何をやっとるのじゃ?しかもこんなに朝早くから。」
・・・それが維摩さんだったのです。
私は、「世尊さまが病気になったので、牛乳で栄養をつけてもらおうと思うのです。」と答えました。
維摩さんは顔をしかめると、指を口の前に立てて言いました。
「シーッ!このバカモン!めったなことを言うんじゃない!!
あのお方はありとあらゆる災いの元を消し去ることに成功した尊いお方じゃぞ!
そんなお方が病気になんぞ、なるはずがないじゃろう?
お前さんは、その間抜けな口をしっかり閉じて、すぐに帰りなされ。
こんな話をもし外道たちに聞かれたらどうするんじゃ!
「え?ブッダが病気だって?ダッセー!!(爆)
あのペテン師め、ついにボロをだしやがったな!!
自分の病気も治せないようなヤツが言うことなんて、誰がまともに聞くかってんだよ!!」
とか悪口を言いふらされることは必至じゃ。
いいか?ブッダはこの世で一番偉い人じゃ。その身体にはチリひとつほどのケガレもないのじゃ。ピッカピカじゃ!!
なんの悩みも病気もないのが、あのお方の仏たる所以なのじゃ。
はいはい、わかったらとっとと帰りなさい。」
その時の私の情けない気持ちがわかりますか?・・・
私は誰よりも長いこと、世尊であるあなたのお近くについて、誰よりもたくさんあなたの話を聞いてきた人間です。
それなのに、出家もしていないようなジジイに、まるでかなわないなんて・・・
それでもあなたは私に、あくまでも彼のお見舞いに行けと言うのですか?!」

・・・このように、500人の仏弟子たちは、それぞれ維摩との因縁話を持ち出して、全員が「彼のお見舞いには行けません」と断ってしまったのでした。

人間の弟子たち全員に断られたブッダは、それぞれに悟りを得て「人間」の限界を超越することに成功している菩薩たちに話をふりました。

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】sintyaku3_red.gif

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。