東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

updated 2021-12-07

  • HOME
  • >
  • 第31話 維摩、菩薩の「最終修行」について語る

超訳【維摩経】

第31話 維摩、菩薩の「最終修行」について語る

2007.3.17

文殊が口を開きました。
「すみません、ちょっと話を戻させてください。
改めて言うまでもなく、私もあなたも既に様々な「悟り」をひらいて超能力を得た、「菩薩」と呼ばれる一種の超人なわけですが、そんな「菩薩」は、いったいどうやったら最終的に「仏の道」を究めることができるのでしょうか?」
維摩は答えました。
「さまざまな修行によって心身を鍛え、知恵を磨き、それによって神にも等しい能力を駆使できるようになった者、それが我ら「菩薩」と呼ばれる者たちじゃ。
そんな「菩薩」の最終修行、それは「非道」を志向することじゃ!」
文殊:「「非道」を目指せですって!?
そ、それはいったい具体的にはどういうことなのでしょうか?」
維摩:「最低の極悪人たちと付き合いながらも悩んだり怒ったりしない。
地獄へ落ちても罪にけがれずにいる。
どうしようもないバカモノどもの中で暮らしても、バカがうつることもなく、かといって周囲をバカにすることもない。
欲望の権化みたいな連中と一緒にいても、つられて自分の品性を下げることもない。
みごとな色や形に満ち溢れた領域、またはそういった物質のない領域に行っても、これといってそれらが優れているとも思わない。
貪欲なまでに活発に行動するけれども、貪欲に染まることがない。
激怒しているそぶりを見せることはあるけれども、実は全く怒ってはいない。
むっちゃアホなことをしでかして見せるけれども、実はとても高度な知恵によってそれをやっている。
ケチケチしたりするけれども、実は全ての持ち物はおろか、命さえも惜しまない心意気だ。
バリバリのルール違反を連発するけれども、実はとても清らかな心持ちで、どんなちっぽけな罪であろうとも決して犯さないようにいつも注意している。
ありえないほどサボっているように見えるけれども、心の中は誰よりも勤勉に修行している。
トチ狂ったようなふるまいに及ぶけれども、実はきわめて冷静な心を保っている。
役に立たないボンクラのようにしか見えないけれども、実は世情に長けており、その実務能力は最高クラスである。
おべんちゃらを使って人をだましているように見えるけれども、実は仏教の最終目的に近づくように綿密に計算された行動である。
周囲のものをバカにしているように見えるけれども、困っている人がいれば、無言で助けを差し伸べる。
 (中略)
年老いたり病気にかかったりしてみせるけれども、実はとっくに死のおそれを超越している。
大金持ちであるけれども、それが永遠の姿であるなどとは決して思わず、謙虚な気持ちを持っている。
たくさんの妻を持ち、妾を山盛りに囲って、大勢の美人メイドをはべらせていたとしても、欲望に支配されることがない。
無口で不器用そうにみえるけれども、実はとっても弁舌さわやかで記憶力も確かである。
トンデモない外道の教えを全部受け入れながら、その上で正しい場所へ皆を連れて行くことができる。
・・・とまぁ、言い出したらキリがないわけなのじゃが、「菩薩」が「非道をゆく」というのは、要するにそんな感じじゃよ。」

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る
↓それでは、どうぞごゆっくり。

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIcon おもしろ論語(孔子)
LinkIcon 老子
LinkIcon 荘子
LinkIcon 列子
LinkIcon 孟子

四書五経

LinkIcon 【大学】

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon 井上円了
LinkIcon 【西国立志編】
LinkIcon 富永仲基
LinkIcon 内藤湖南
LinkIcon 【風姿花伝】

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon 【旧約の預言者たち】

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon 【中国武術論】

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIcon ぶんのすけ文集

LinkIcon ぶんちん堂 Web Shop


超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

LinkIcon ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ


超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。

LinkIcon BUNCHIN.COM