東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

updated 2021-12-07

  • HOME
  • >
  • 第39話 菩薩たちの意見発表2

超訳【維摩経】

第39話 菩薩たちの意見発表2

2007.8.19

菩薩たちの「発表会」は続きます。
菩薩11:「「出家すること」と「出家しないこと」、この2つこそが最も根本的な対立です。
そこを突きつめて研究した結果、私は「そもそも「家」なるものは存在しない」のだということを知りました。
前提としての「家」が存在しない以上、「入る」とか「出る」とかいう議論は成立しません。
「入る」のではなく、「入らない」のでもない。
「出る」のではなく、「出ない」のでもない。
「行く」のではなく、「行かない」のでもない。
これこそ「絶対」の境地です!」
菩薩12:「「輪廻転生」と「涅槃」、この2つこそが最も根本的な対立です。
そこを突きつめて研究した結果、私は「「生」と「死」は、実は同じものであり、かつ、存在するのでも存在しないのでもない」ということを知りました。
言い換えれば「生死の区別は存在しない」ということです。
「生死が存在しない」以上、「束縛」も「解脱」も有り得ません。
つまり、「輪廻転生」を脱した時、「涅槃」の境地もまた消滅するのです。
これこそ「絶対」の境地です!」
菩薩13:「「尽きる」ことと「尽きない」こと、この2つこそが最も根本的な対立です。
そこを突きつめて研究した結果、私は「尽きるものは尽きず、尽きないものは尽きる」ということを知りました。
何故ならば、もし「尽きる」ものが全て尽きてしまうならば、「尽きる」ということも尽きてしまうからです。
つまり、「尽きる」ことが極まった状態こそが、「尽きない」状態なのです。
また、一般に「尽きない」と考えられているものをつぶさに見ると、それらは実は、一瞬で「尽きる」ものが連続しているのに過ぎないことがわかります。
つまり、「尽きない」ものはその本質において「尽きる」のです。
これこそ「絶対」の境地です!」
菩薩14:「「我」と「無我」、この2つこそが最も根本的な対立です。
そこを突きつめて研究した結果、私は「「我」も「無我」も存在しない」ということを知りました。
いわゆる「自意識」を成立させているものを「我」と呼ぶわけですが、その正体を見たものは誰もいません。
視聴覚などの5感は「我」そのものではありません。
意識も「我」そのものではありません。
意識を成立させているといわれる末那識(まなしき)も、末那識の元といわれる阿頼耶識(あらやしき)も、決して「我」そのものではありません。
つまり、「我」など得られないのです。
「我」が得られないのに、「無我」が得られるわけがありません。
従って、「我」と「無我」は対立しません。
これこそ「絶対」の境地です!」

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る
↓それでは、どうぞごゆっくり。

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIcon おもしろ論語(孔子)
LinkIcon 老子
LinkIcon 荘子
LinkIcon 列子
LinkIcon 孟子

四書五経

LinkIcon 【大学】

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon 井上円了
LinkIcon 【西国立志編】
LinkIcon 富永仲基
LinkIcon 内藤湖南
LinkIcon 【風姿花伝】

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon 【旧約の預言者たち】

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon 【中国武術論】

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIcon ぶんのすけ文集

LinkIcon ぶんちん堂 Web Shop


超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

LinkIcon ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ


超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。

LinkIcon BUNCHIN.COM