東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 第40話 菩薩たちの意見発表3

超訳【維摩経】

第40話 菩薩たちの意見発表3

2007.9.14

菩薩たちの「発表会」は続きます。

菩薩15:「「智」と「無智」、この2つこそが最も根本的な対立です。
そこを突きつめて研究した結果、私は「「無智」の正体は「智」にほかならない」のだということを知りました。
しかし、それでは「その「智」とはいったい何ものなのかというと、実はそれを知ることはできない」ということも知りました。
「知ることができない、知らない」ことを「無智」と呼びます。
つまり「智」の正体は「無智」だったのです!
「智」は「無智」、「無智」は「智」。
これこそ「絶対」の境地です!」

菩薩16:「「形あるもの」と「形のないもの」、この2つこそが最も根本的な対立です。
そこを突きつめて研究した結果、私は「「形あるもの」が崩れて「形のないもの」となるわけではない」ということを知りました。
「形あるもの」を成り立たせていたもの自体が、既に「空」であったのです。
ものごとは全て、「形」のあるなしを問わず、その本質を欠いているのです。
形成作用はもちろんのこと、表象、感受、さらには識別作用も、また同じことです。
あらゆるものごとは、「本質を欠いている」という点において違いはありません。
これこそ「絶対」の境地です!」

菩薩17:「物質の「四大元素」であるところの地水火風、それと「虚空」、この2つこそが最も根本的な対立です。
そこを突きつめて研究した結果、私は「「四大元素」は「虚空」によって成り立っている」ということを知りました。
これを徹底して突きつめると、「「既に過ぎ去った過去」と「いまだ来ていない未来」と「今この瞬間である現在」の間には何の区別もない」ということがわかります。
「四大元素」の相互作用によるエントロピーの増減が否定された以上、「時間軸」という概念は存在しえないからです。
「過去」と「未来」は存在しない。
「現在」も同様に存在しない。
これこそ「絶対」の境地です!」

菩薩18:「「見るもの(視覚器官)」と「見られるもの(視覚の対象)」、この2つこそが最も根本的な対立です。
そこを突きつめて研究した結果、私は「「見るもの」つまり眼そのものは、「見られるもの」をあれこれ区別しない」ということを知りました。
眼は、赤も青も白も黒も、丸も四角も三角も、ただあるがままに受け取るだけです。
眼は、「これはキモチイイからもっと見よう」とか、「これはムカツクから見ないようにしよう」とか考えたりしません。
「耳」と「音」、「鼻」と「香」、「舌」と「味」、「皮膚」と「触れる対象」の関係も、また同様です。
ここを突きつめると、「意識」と「意識の対象」すらも、その域を出ていないということがわかります。
我々は、「内部にある「意識」が、外部にある何らかの「対象」に触れたとき、喜怒哀楽・好悪などの様々な反応、感情を引き起こすのだ」と考えがちですが、実はそうではないのです。
「意識」は外部の様々なシグナルを、「ただ受け取るだけ」なのです。
つまり「感受器官」は、「感受」の対象物を全て同等に扱うということです。
そして、「全てを同等に感受する」ということは、実は「何も感受しない」のと同じことなのです。
「見るもの」は見ない。
「聞くもの」は聞かない。
「嗅ぐもの」は嗅がない。
「味わうもの」は味わわない。
「ふれるもの」は触れない。
そして、「考えるもの」は考えないのです。
これこそ「絶対」の境地です!」

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】sintyaku3_red.gif

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。