東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

updated 2021-12-07

  • HOME
  • >
  • 第56話 維摩、真実の見方を説明する

超訳【維摩経】

第56話 維摩、真実の見方を説明する

2007.12.24

アチラ側の菩薩たちが帰っていくのを見届けると、世尊は維摩に言いました。
「さてと・・・維摩さん、あなたはかつて「如来(この世の真実の姿)」を見るために努力していたよな?
既にミラクルパワーを自在に操るその境地に達しているからには、きっと既に見ることができたのだと思うが、いったいどのようにして見たのかな?」
維摩は答えました。
「ええ、ワシは確かに、それを見ましたとも。
自分や仏様の真の姿を見る時のように、「見ない」という方法を使って見ましたのじゃ。
「過去にはいない、未来にも現れない、現在にはとどまらない」ものとして見ましたのじゃ。
「物質ではない、物質のあるがままの姿でもない、物質の本質でもない」ものとして見ましたのじゃ。
「感覚や意識の作用ではなく、感覚や意識を引き起こす本体でもなく、感覚や意識を引き起こす本体のよってたつところでもない」ものとして見ましたのじゃ。
「地水火風の4大元素によって成り立つものではなく、ただ虚空によって成り立つ」ものとして見ましたのじゃ。
目・耳・鼻・口・皮膚そして意識の6つの認識作用を超越し、現在・過去・未来のいずれにも属さない。それが「如来」なのですじゃ。
むさぼりも怒りも迷いも超え、全てのことを知り尽くして、しかも何も知らないに等しい。それが「如来」なのですじゃ。
決まった姿をもたず、かといって色々な姿があるわけではない。それが「如来」なのですじゃ。
自分ではない、他人でもない、自分や他人以外のものでもない。
こちら側にはない、あちら側にもない、もちろん真ん中にもない。
それにもかかわらず、確実に一般ピープルを高い境地へと連れて行く。
それが「如来」なのですじゃ。
暗くなく、明るくなく、名もなく、姿かたちもない。
強くなく、弱くなく、きれいでなく、汚くもない。
示さない、説かない、施さない、ケチケチしない、ルールを守らない、我慢しない、怒らない、進まない、サボらない、安定しない、乱れない、賢くない、バカでない、誠実でない、嘆かない、来ない、去らない、出ない、入らない、一切の言語表現を受けつけない。
寄付を受け取るのでも受け取らないのでもない、取らない、捨てない、真理の究極や法の本性と一致している。
大きくない、小さくない、あらゆる束縛を受けつけない、あらゆる智慧と一致しており、また、全ての人々と一致している。
あれこれと区別しない、得ない、失わない、濁らない、悩まない、生じない、滅しない、恐れない、喜ばない、いやがらない、こだわらない。
それが「如来」なのですじゃ。
このような見方だけが正しいのであって、それ以外の見方は全て「邪道」なのですじゃ!」

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る
↓それでは、どうぞごゆっくり。

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIcon おもしろ論語(孔子)
LinkIcon 老子
LinkIcon 荘子
LinkIcon 列子
LinkIcon 孟子

四書五経

LinkIcon 【大学】

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon 井上円了
LinkIcon 【西国立志編】
LinkIcon 富永仲基
LinkIcon 内藤湖南
LinkIcon 【風姿花伝】

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon 【旧約の預言者たち】

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon 【中国武術論】

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIcon ぶんのすけ文集

LinkIcon ぶんちん堂 Web Shop


超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

LinkIcon ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ


超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。

LinkIcon BUNCHIN.COM