東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 第61話 ブッダ、昔語りをする

超訳【維摩経】

第61話 ブッダ、昔語りをする

2007.12.30

世尊はさらに言いました。

「こんな話を知っているかな?

遠い遠い昔のことだ。

薬王仏という名の仏が支配する「大荘厳」という世界があった。

その仏は約30億年の寿命を保ち、12億の菩薩集団と360兆人の修行者たちを従えていた。

その時に4大大陸を支配していたのが「宝蓋」という名の大王だ。

宝蓋王には1000人のこどもがいたのだが、こどもたちは全員、勇敢で力強く、健康で美しかった。

宝蓋王は薬王仏のために約8億年かけてさまざまな施設をつくって奉仕してきたのだが、8億年が過ぎたとき、こどもたちに告げたのだ。

「オマエらも手伝え!」とな。

そこで1000人のこどもたちはそこから8億年の間、薬王仏のため、ありとあらゆる人たちの安らぎのために奉仕した。

1000人のこどもの中に、「月蓋」という名の王子がいた。

彼はある日、ふとこう思ったのだ。

「我らは父さんの言いつけを守って全力で努力しているわけなのだけれど、なんかもの足りないような気がする・・・
もっと、なんというか、もっと高い成果をだす方法があるのではないだろうか?」

その時、突然空から声がした。

「ああ、方法はあるとも!
物の充実をはかる施策もいいけれども、「法を守る」施策の方が、ずっとイカしてるぜ!」

月蓋王子はたずねた。

「「法を守る」ですって!?それはいったいどうやったらよいのでしょうか?」

空からの声は答えた。

「知りたいかい?
それなら薬王仏に聞いてみなよ!」

月蓋王子はすぐさま薬王仏のもとに行き、質問したのだ。

「仏さま、「法を守る」というものがとてもイケていると聞きました。
それって、いったいどんなものなのでしょうか?」

薬王仏は答えた。

「ほう、それはいい質問だな。

いいかい?

「法を守る」とはいったいどういうものか。

それは様々な仏たちの教えを守ることだ。

仏たちの教えは、にわかには信じがたいものばかりだ。

見ることもできないし、考えているだけではたどり着けないところにある。

強いて言うならこんな感じかな。

それはあらゆる法律の上に位置する。

本体がない、寿命がない、空に等しく、新たに発生しない。

人々を悟らせ、またその教えを広めさせる。

その前では神々たちもひれ伏す。

ありとあらゆるものは「有る」と宣言することで、逆に無常・空・無我・寂滅を説明し、むさぼり執着する外道たちをビビらせる。

これらの元となる仏の教えを信じて理解し、そのまんまではなくちゃんと相手を見て工夫して説明すること。

それができる者を「法を守る者」と呼ぶ。

何も発生しない、「自分」もない、「生きる」ということもないという認識をしっかりと持ち、争わず、「自分のもの」という考えを起こさない。

「本質的な意味」を重視して、「言葉上の問題」は気にかけない。

「応用力」を重視して、「知識量」は気にかけない。

「教え」に従って、「人」には従わない。

作り出されたものは全て滅びることを知り、生まれたものが死ぬように、老いたり死んだりという現象すらも滅びることを知る。

発生と消滅を結ぶ12の連鎖が途切れることがないことを知り、さらにそれに対してアレコレと粘着しない。

そうすることを「法を守る」と名づけるのだ!」

天帝インドラよ、それを聞いた月蓋王子はより一層の「柔らかな心」をゲットしたのだ。

そしてその場で自分が着ていた宝石ジャラジャラの衣装を脱いで薬王仏に捧げると、こう言った。

「仏さま!
私はあなたが滅びてから後、「法を守る」ことにいたしましょう。
私の成功を祈ってください!」

薬王仏は微笑みながら言った。

「うんうん、キミならできるとも!私が保証するよ。
世紀末にキミが大活躍している姿が見えるようだ!」

そして月蓋王子はただちに出家すると修行に励み、5つのマジカルパワーをゲットし、大量の知識と怒涛の弁舌力をゲットし、薬王仏がなくなった後、16億年近くにわたっておおいに活躍したということだ。

月蓋王子がたった一人で教化した人数は10兆人にのぼり、そのうち140万人は修行者となった。

そして彼のおかげで救われた人は、それこそ数え切れないほどだったのだ。

天帝インドラよ、その時の宝蓋王は、今どうしていると思う?

今この世界で宝炎如来と呼ばれている仏、彼こそがこの宝蓋王の生まれ変わりなのだ。

そしてその時の1000人のこどもたち、彼らもまた今この世界で全員が仏となっている。

クラクチャンダ仏からローチャ仏までの1000人がそれだ。

そして、今話した「月蓋王子」とは、ほかでもない、この私のことなのだ!」

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】sintyaku3_red.gif

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。