にわか役人が自らの足・眼・舌・銭を使って、霞ヶ関の昼の「真実」を暴く!!

このコラムは、2002年夏から2003年春に実施した取材に基づいて書かれています。
文中に登場する省庁名、食堂名およびメニュー内容などは、現状と異なっている可能性が高いことをご了承くださいませ。
まぁ、そんなに大きくも変わらないでしょうけれども・・・(追加取材したいなぁ)

| HOME | 合同庁舎2号館 |

更新日 2013-06-09 | 作成日 2007-12-14

合同庁舎2号館(総務省ほか)

「食堂」(和・洋・中・すし)

180席、カフェテリア方式
☆メニュー例:定食(A・B・C)¥400~500、カレー(味噌汁付)¥480、小鉢¥100

1.これがかつて歌川広重の画題にもなった霞ヶ関坂か。

2.かつては品川の海が一望にできたらしいけど、もはやその面影は無いな。確かに見晴らしはいいけど。

1.で、坂の下にそびえるこの近代的なビルが合同庁舎2号館という訳だ。

2.うわ!新しいなぁ。旧文部省や旧大蔵省と比べると新しさが際立つな。平成12年12月竣工?まだできて2年か、新しいわけだ。
中央は吹き抜けになっているのか。高いなぁ、20階建以上はあるかな。

1.入口ロビーにBS・CS放送の全チャネルが見られる装置があるぞ!ここにくればあらゆる放送が見放題だ!庁舎の屋上にそびえている防衛庁並みのアンテナタワーはこれのためだったのか?

2.ひとつひとつのディスプレイが小さすぎるよ!あそこの上の段の画面なんて相当目が良くないと何が写っているかわからないじゃないか。

1.確かに・・・それに音はこのヘッドホン一つで聞くしかないんだね。サンプル表示というところだな。それにしても、なんでこんなところに置いてあるんだろう?

2.地上デジタル放送を担当する総務省情報通信政策局(地上放送課)がここに入っているからだよ。

1.なるほどね。おお!売店もコンビニのampmが入っているぞ。とても明るい店内で使いやすいけど、農林水産省地下バザールのような怪しさが無いのは少し寂しいような気もするな。立て替える前はどうだったんだろう。

2.食堂は2つあるようだね。「麺食堂」の看板が見えてきたよ。

1.60席ぐらいかな。見事にオッサンばっかりだな・・・蕎麦190円か、安いな。

2.おお、「むじな蕎麦」280円!たぬきうどんなら知っているけど、「むじな」とは・・・

1.みたところ単なる天かす入りの蕎麦のようだけど、「たぬき」との違いはどこにあるんだろう?

2.まぁ、いいじゃないか。で、こちらが「食堂」だ。

1.ここは広いな、180席はあるぞ。客層も老若男女まんべんなくいる。

2.吹き抜けになった中庭に面しているからか、地下のわりに明るいね。

1.おお、ご飯は、白飯と麦飯から選ぶことができるのか。ヘルシーだな。

2.とろろ芋があるな、これと麦飯の相性は良さそうだ。

1.うん、肉団子もまぁまぁの味だ。量も多すぎないし、バランスが取れているんじゃないか?

2.そうだね。でも、隣のオッサンが食べている、あの山盛りのてんぷらと丼入りの炊き込み御飯はなんだ?

1.本当だ、えらいボリュームだな。通常の定食の倍はあるぞ、カロリーが。

2.ああ、「本日のスペシャルランチ」のところにあった菜の花のてんぷらセットだな。750円の。

1.値段もA定食の倍近くか。まぁ、身体を使う人はあのぐらい食べないと持たないかもな。

2.いや、どう見ても皆デスクワーカーだぞ。

1.そうだね。国家公安委員会の人とかは?

2.警察庁の背広組だろ?それに委員は5人しかいない上に、週一回しか出てこないよ。超エライさんだからこんな食堂でメシを食うわけがない。

1.有事の際は?スペシャル・シチュエーションということでスペシャルランチ・・・

2.「有事」はエマージェンシーって訳すんだよ!緊急事態に、そんなのんびりしたことしてるわけないだろ!!