にわか役人が自らの足・眼・舌・銭を使って、霞ヶ関の昼の「真実」を暴く!!

このコラムは、2002年夏から2003年春に実施した取材に基づいて書かれています。
文中に登場する省庁名、食堂名およびメニュー内容などは、現状と異なっている可能性が高いことをご了承くださいませ。
まぁ、そんなに大きくも変わらないでしょうけれども・・・(追加取材したいなぁ)

| HOME | 合同庁舎5号別館 |

更新日 2013-06-09 | 作成日 2007-12-14

合同庁舎5号別館(人事院ほか)

「食堂」(和・洋・中)

60席、カフェテリア方式
☆メニュー例:Aランチ¥500、カレーライス¥300(スープつき)、カレーうどん¥350、小鉢¥50(日替わり)

1.人事院て皇居近くの祝田橋のたもとにあったのではなかったっけ?

2.ああ、あれは仮庁舎だったらしいね。さっき前を通ってきたけど全体に崩落防止のネットがかぶせられていて、もう完全に廃ビルと化していたよ。ほとんど幽霊ホテル状態。

1.そのうち怪談ができるんじゃないか?夜間に祝田橋の近くを通りかかると旧人事院ビルの前で若い女性がうずくまって泣いている。「もし、お女中・・・」と声をかけると見上げた顔には目も鼻も・・・

2.いつの時代の話だよ!

1.で、最近ここに移ってきたらしいんだけど、建物自体は決して新しく見えないね。

2.でもペンキの匂いがするしトイレは新しかったぞ。

1.チェックが早いな。まぁ、内装だけやりかえたという感じだね。

2.もう昼なのに、あまり人気がないなぁ。食堂はどこだ?あまり匂いもしてこないのでわかりにくい。

1.ああ、あそこだ!たいして広くもないのに迷ってしまった。案内表示が少ないというのもあるな。

2.うわ!狭い食堂だなぁ。50席ちょっとしかないな。本当に入りきれるのか?

1.でも半分も埋まってないぞ。大丈夫か?この食堂。券売機も1台しかないし。

2.そうそう、経済産業省なんか職員用・一般用の合計3台もあったのに。

1.あれ?なんか人が券を売ってないか?

2.本当だ、券売機が故障しているらしい。現金で買ってくれって。なら最初からそうすればいいのに。

1.カレーうどんがあるな。僕はちょっと二日酔い気味なのでそれにしよう。それとライスを追加で。

2.二日酔いでも食欲はなくならないんだね・・・僕はランチにしよう。

1.うどんはまぁまぁ、というか値段も考えるとかなりおいしいな。ちゃんと麺にコシもあるし。

2.さっき、カレーそばを食べている人もいたぞ、人気メニューなんだな。

1.ん!?あそこに箱が積んであるな。なになに?「キング印冷凍麺」?・・・道理で一瞬で出てくるわけだ。

2.でも時間ばかりかかった挙句に、ノビた麺がでてくるより遥かにましだよね。ランチも値段を考えるとまぁまぁの味だ。

1.それにしても客が少ないなぁ。他省庁に比べて若い人の比率が多いかな?といっても母数が少ないけれど。

2.会計検査院は、見事なまでにおっさんばっかりだったからなぁ。

1.なんでも、幹部連中が隣の喫茶店を使うことが多いので、若い人は皆、こちらにくるという話だよ。

2.そんなところで住み分けてどうするんだよ!幹部だってたまにはカレーうどんも食べたかろうに。

1.その危険性があるから全体として職員に敬遠されているんだね。

2.どんな険悪な職場環境なんだよ!でも確かに、これだけ狭いと、仲の悪い上司に隣に座られちゃったりする可能性も高くなるしな。

1.公務員の人事全般を預かる独立した第三者機関たるもの、そんなことでいいのかねぇ・・・

2.だから余計に、なんじゃないか?

1.ま、二日酔いになったらまた来ようっと!