にわか役人が自らの足・眼・舌・銭を使って、霞ヶ関の昼の「真実」を暴く!!

このコラムは、2002年夏から2003年春に実施した取材に基づいて書かれています。
文中に登場する省庁名、食堂名およびメニュー内容などは、現状と異なっている可能性が高いことをご了承くださいませ。
まぁ、そんなに大きくも変わらないでしょうけれども・・・(追加取材したいなぁ)

| HOME | 合同庁舎6号館A棟 |

更新日 2013-06-09 | 作成日 2007-12-14

合同庁舎6号館A棟(法務省)

「伍番館」(和・洋・中)

120席、カフェテリア方式
☆メニュー例:定食(和・洋・中)¥660、ラーメン¥300 ※法務省の職員証提示で割引あり

1.ああ、びっくりした!間違えて隣りの東京家庭裁判所に入り込んでしまったよ。

2.そのまま地下通路で6号館までくればよかったのに。

1.いきなり守衛さんに止められて、「裁判官と弁護士以外は通行できません。」とか言われちゃって・・・

2.それは裏手にある東京高等裁判所との連絡通路だよ!

1.紛らわしいよな、弁護士会、検察庁、法務省、高裁・地裁・家裁とみな同じブロックにあるんだもの。

2.よく見りゃ表示が出てるだろうに。

1.なんか入りにくい雰囲気だったから、あまりきょろきょろすると挙動不審に思われると思ってわき目もふらずに通過しようとしたのが間違いだったか・・・
かえって怪しまれちゃったよ。

2.確かにちょっと緊張する入口だよな。警察庁や警視庁もべらぼうに緊張したけど。

1.なんか新しい建物だね。休憩スペースも広いし、照明も暖色の蛍光灯を使っていて落ち着いた雰囲気だ。

2.法務省って赤レンガの建物に入ってなかったっけ?

1.旧司法庁舎でしょ?今は全面改修を終えて、主に法務資料館として使われているよ。築100年ぐらいたつ建物らしいね。
そういえば、あそこの展示室こそ、かつての司法大臣官舎の大食堂なんだよな。

2.どんなもの食べさせていたんだろうね。一度行ってみたかったな。

1.で、今はこちらのモダンな合同庁舎の地下に食堂があるわけだ。

2.ん?入口が何ヶ所かあるな。どう違うんだ?

1.ここだけ行列の進みが速いぞ。カフェテリア形式の食堂らしい。

2.あっちは店員が席へ案内したり料理を運んだりしているな。マーボー丼780円、親子丼700円か。

1.カフェテリアの方は定食660円とかで微妙に安いよ。こっちにしよう。

2.そうだな、あと蕎麦屋があるな、それぞれ60席づつぐらいかな。3店とも同じようなメニューだけどなんだろう?
小さい2つはテナントかな?味が違うのかどうか気にはなるけど、とりあえず大食堂へ行こう。

1.660円のB定食下さい。え?「法務省ですか」って?いえ、違いますけど・・・ああ、職員だと割引になるんですね。

2.その方が得した気がしていいよな。経産省みたいに割増でとられると、なんか損したみたいな気がするし。

1.B定食は「味噌はさみカツ」だ。小鉢が2つもつくんだね。付け合せのサラダもあるし。

2.う~ん、味は農水省のとんかつの方が美味しかったかな。ボリュームも農水省に比べたら少ないし。

1.あんなに食べたら、胃に血が集まって脳貧血になっちゃうよ。ただでさえ難しい法務の仕事に差し障りがでるじゃないか!

2.でも、あそこの人、ものすごくごっつい体格で、もりもり食べてるけど?

1.本当だ、制服組も混じっているな。矯正(刑務所)関係のお方かしら?弱そうだとなめられるからカラダ作りしているのかな?

2.じゃ、あそこで眉間にしわを寄せてうつむき加減で食事している、歳のわりに髪の毛の薄い、お世辞にも強そうには見えない人とかが、法制企画とかに従事する頭脳労働者だね、きっと。やたらと食べるのが遅いし。

1.人を見た目で判断するなよ!!・・・確かにそんな雰囲気だけど。