にわか役人が自らの足・眼・舌・銭を使って、霞ヶ関の昼の「真実」を暴く!!

このコラムは、2002年夏から2003年春に実施した取材に基づいて書かれています。
文中に登場する省庁名、食堂名およびメニュー内容などは、現状と異なっている可能性が高いことをご了承くださいませ。
まぁ、そんなに大きくも変わらないでしょうけれども・・・(追加取材したいなぁ)

| HOME | 合同庁舎6号館B棟 |

更新日 2013-06-09 | 作成日 2007-12-14

合同庁舎6号館B棟(公正取引委員会ほか)

「談話室 パープル」(喫茶?洋食?)

45席、レストラン方式(というより喫茶店)
☆メニュー例:カレー¥450※サラダセット+100円、ドリンクセット+150円、ハンバーグカレー¥650、
ミートスパゲティー¥600、しょうが焼き定食¥600、コーヒー類¥220~

1.公正取引委員会の入っているビルって、これ?
「東京地検」て彫り込まれた石が入口に鎮座ましましていたりして、凄く入りにくいんだけど・・・

2.フェンスもほんの少ししか開けていない上に、心なしか警備の人の顔も怖いな・・・法務省のある隣のA棟から抜けていった方が良さそうだ。

1.見ろよ、ちょうど「法務省」と書いた封筒をもった若い兄ちゃんが入ろうとしているぞ!一緒にくっついて入ってしまえ。

2.ど~も~。

1.よろしく~。

2.・・・ああ、緊張した!なんとかなるもんだな。

1.ぼくらも一応公務員なんだし、別に悪いことをしているわけではないんだから、堂々としていたらいいんだろうけど、なんか敷居が高いんだよなぁ、6号館シリーズは・・・

2.で、本当にあるのかよ、その8階の食堂は。地下1階の弁当売り場の間違いじゃないのか?

1.いや、友達の知り合いに関係者がいて、その人からの情報だから間違いない。

2.そんな遠い関係の人からの情報だけで、よくそう言い切れるな・・・

1.おい、エレベーターに乗っちゃってから言うのもなんだけど、案内板の8階に食堂なんて書いてないぞ。

2.本当だ、「東京地検交通部副部長室」とかしか書いていない。

1.・・・おい、俺たちのほかにエレベーターに乗っているのは、胸に金とか銀のバッジが光ったおじいさんばっかりだぞ。
大丈夫か?・・・

2.うっ、エレベーターの前に「受付」の札を下げた警備員がいる・・・

1.落ち着け!堂々と振舞うんだ!!

2.ど~も~。

1.・・・なんとかやり過ごせたようだな。で、案内板があるけど食堂はどこだよ?

2.801、802とかホテルの客室番号みたいな表示ばっかりだな・・・
ん?ここに「談話室」というスペースがあるぞ。

1.おお!それだよ!!あそこの突き当たりに、手書きで「しょうが焼き」とか書いた紙が貼りまくってあるのが見えるぞ。
あれに違いない。

2.おい、中に一歩入ると、今までの緊張はなんだったんだと思えるほど、くだけた感じの喫茶店だな。

1.本当だ。「日替わり定食全種類お持ち帰りできます!」とか、貼ってあったりして、なんというか営業熱心なビジネス街の喫茶店の風情だね。
入口でスナック菓子を売ったりもしているな。・・・酒もあるのか!

2.う~ん、窓際席はなかなかの展望。日比谷公園を見下ろせるんだね。なかなかいい気分だ。

1.ちょっと、このピーポくん人形が邪魔なんだけど。なんで2体もあるんだ、しかも窓際に。

2.それを言うなら、あのテレビの上の、「第2回日韓検察庁親善蹴球大会」のペナントも気になるな。

1.で、おすすめだと聞いていたハンバーグカレーがこれなんだけど・・・

2.こ、これは、冷凍ハンバーグを電子レンジで暖めたものに、でき合いのカレールーをかけただけの・・・

1.全く辛くないな、ほとんど「カレーの王子様」状態だ。

2.普段辛口の役回りに徹さざるを得ない人たちばかりだから、カレーぐらいは穏やかな味にしているのかもしれないね。
なんていうか、このゆるいハンバーグと穏やかなルー、まさに「おふくろの味」といった感があるよ。

1.インスタント食品がおふくろの味というのも悲しいものがあるな・・・