にわか役人が自らの足・眼・舌・銭を使って、霞ヶ関の昼の「真実」を暴く!!

このコラムは、2002年夏から2003年春に実施した取材に基づいて書かれています。
文中に登場する省庁名、食堂名およびメニュー内容などは、現状と異なっている可能性が高いことをご了承くださいませ。
まぁ、そんなに大きくも変わらないでしょうけれども・・・(追加取材したいなぁ)

| HOME | 文部科学省別館 |

更新日 2013-06-09 | 作成日 2007-12-14

文部科学省別館

「カトレア」(喫茶・中華)

60席、レストラン形式
☆メニュー例:マーボ丼¥650、スパゲティー各種¥650、定食各種(○○風)¥600、カレー¥450

1.ここだよ、ここ!この虎ノ門交差点の角。これが文部科学省の別館だ。

2.うわー、わかりにくいなぁ。前で長いこと道路工事をやっているのもあって全然気がつかなかった。

1.ほら、よく見ると看板が出ている。「喫茶・中華」って。

2.喫茶店と中華料理って両立するのか?

1.飲茶みたいなものだと思えばいいんだよ。

2.ほんまかいな。

1.食堂が中華料理しかないというのも不思議な感じだなぁ。

2.まぁ、入ってみよう。

1.うわ!この入り口ロビーの沈滞した雰囲気はなんだ!?
なんか薄暗いし、割れたパンフレット入れにはゴミしか入っていないし・・・

2.うん、向こうに講堂らしきものが見えるけど、まるでつぶれかかった地方の映画館そっくり・・・

1.教育関係者の集会とかに使われていたみたいだな。歴史を感じさせるいいカンジの古さとはまたちょっと違った古さだね。
生気がないというか枯れ果てたというか・・・

2.おお、店内はわりと普通の町の食堂風だよ。あそこの冷蔵庫の上に年季もののカキ氷マシンも置いてあるし。

1.じゃあ僕はアサリのスパゲティー!

2.スパゲティーのどこが中華なんだよ!あ、本当にあるのか。では私はマーボ丼。

1.「会議などコーヒー出前いたします」という張り紙があるな。なんかその方がよほど儲かりそうな気がする。

2.あのカーテンの向こうに広いスペースがあるようだよ。
200人ぐらいの立食パーティができるね。
なんか景気悪いパーティになりそうだけど・・・

1.・・・。スパゲティーは単品のみでスープもなしか。650円とるならサラダぐらいつけてくれてもいいのに。
しかもなんだこの塩辛さは!

2.マーボ丼なのになんか謎の肉片の唐揚げが混入しているぞ。サービスなのか?うわ、油ばかりでまずい肉!!
とんかつを作る時に切り落とした脂身の部分だな、きっと。あんかけの部分は普通の味なのに・・・

1.・・・すみませ~ん。お水くださ~い!

2.僕もお替り。むちゃくちゃのどが渇く・・・。

1.コンビニの弁当の方がましだな、こりゃ・・・

2.こんなん食ってたら偏差値とか下がりそうだよね。今の教育行政がぱっとしない理由の一つは絶対にこれだな!