にわか役人が自らの足・眼・舌・銭を使って、霞ヶ関の昼の「真実」を暴く!!

このコラムは、2002年夏から2003年春に実施した取材に基づいて書かれています。
文中に登場する省庁名、食堂名およびメニュー内容などは、現状と異なっている可能性が高いことをご了承くださいませ。
まぁ、そんなに大きくも変わらないでしょうけれども・・・(追加取材したいなぁ)

| HOME | 防衛庁 |

更新日 2013-06-09 | 作成日 2007-12-14

防衛庁

「食堂」(和・洋・中)

150席、カフェテリア方式
☆メニュー例:定食¥430、海軍カレー¥500、東郷ビール¥500

1.市ヶ谷駅からお堀ばた沿いに少し行ったところにそびえるごつい建物、それが防衛庁だ。

2.おい、衛士がライフルを構えているぞ!武装勢力の突入に備えているのか?さすが国防軍。

1.以前は六本木にあったのだけど、5年前にここに移ってきたらしいよ。
この場所は皇居を見下ろす高台にあり、その昔は江戸城守護のために尾張徳川藩江戸屋敷がおかれていたところで、戦中は大本営陸軍部のあったところだ。
三島由紀夫が割腹自殺したのもここ、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地だ。

2.やたら詳しいな。

1.一般見学者向けの「市ヶ谷台ツアー」で聞いた。ってお前も一緒に聞いていたじゃないか!

2.ああ、ごめん。きれいな案内役のお姉さんに見とれていて、全く聞いていなかった。

1.頼むよおい!いい話だったのに。

2.総監室の扉に残っている三島由紀夫の刀傷の話とか?

1.そういうことだけ覚えているんだな・・・

2.あのお姉さんたちは防衛庁の職員なんだろうか?

1.いや、民間に業務を委託しているらしいから違うよ。

2.で、食堂は?

1.あそこの隊舎に隊員食堂があるらしいけど、ちょっと近寄れないなぁ。

2.そういえば、自衛隊員て、全員あの隊舎に住むことが義務づけられていて、結婚しない限り出られないそうだ。
だから、食事も支給制で、隊舎から出るとその分の食費が別途手当として支給されるようになるらしいよ。
何でも一日830円。

1.3食で?!まるで主婦雑誌のやりくり上手奥さんの食費みたいだな。
ある意味、刑務所並だね。

2.いやいやあそこは一日500円程度。

1.何でそんなこと知ってるんだよ!

2.でもって、通常、防衛庁職員が食事をするのは、あの事務所が入っているA棟18階の食堂か、こちらの厚生棟1階の一般向け食堂らしい。
一度だけ見たことがあるけど、A棟の食堂って素晴らしい展望が広がるホテルみたいな部屋だったぞ。
ちゃんとテーブルクロスもしいてあって、グラスや食器がセットされたやたらゴージャスなレストラン。

1.メニューは?

2.海軍カレー500円とかSPタワーバンズ700円とか。

1.値段は普通だな。で、ここの食堂はというと・・・うどん、そば230円、定食各種430円か。
ぐっと庶民的になるな。

2.おお!東郷ビールが売っているぞ。あれって国産じゃないよね?確かフィンランド製・・・
そもそも陸軍部の跡地なのになんで海軍なんだよ。

1.5年前に3軍の幕僚を統合したからじゃない?

2.そういえば、市ヶ谷駐屯地はB・C級戦犯の刑場だったという噂から、「でる」という話が
多くなかった?

1.うん、でも建物が綺麗になってからはでなくなったらしいよ。何かがいる気配がしたり、機械のスイッチが勝手に入ったり切れたりするぐらいだって。

2.ミサイル発射装置とかも.ある場所で、それはちょっと困るんだけど・・・