にわか役人が自らの足・眼・舌・銭を使って、霞ヶ関の昼の「真実」を暴く!!

このコラムは、2002年夏から2003年春に実施した取材に基づいて書かれています。
文中に登場する省庁名、食堂名およびメニュー内容などは、現状と異なっている可能性が高いことをご了承くださいませ。
まぁ、そんなに大きくも変わらないでしょうけれども・・・(追加取材したいなぁ)

| HOME | 警視庁 |

更新日 2013-06-09 | 作成日 2007-12-14

警視庁

「食堂」(和・洋・中・すし・喫茶・売店)

150席、カフェテリア形式
☆メニュー例:ちらし寿司¥600 ほか

1.やっと入ることができたな。感無量だ・・・

2.前に飛び込みで入ろうとしたら受付のおねえさんに止められて、身分証明書を見せても全然入れてくれなかったもんなぁ・・・

1.食堂に行きたいと言っても「職員専用です」の一点張りでとりつくしまもなかったよな。

2.ちゃんと仕事がらみで来れば、入れてもらえるんだよ。当たり前だけど。

1.ところで、警視庁と警察庁ってどう違うんだ?

2.・・・お前、逮捕されるぞ!警察庁は「National Police Agency」で、警視庁は「Metropolitan Police Department」、つまり警察庁は中央行政機関だけど、警視庁は東京都公安委員会の下部組織、つまり東京都の組織なんだよ。

1.国家公安委員会と警察庁の関係みたいなもんか?

2.またややこしい例えをもってきたな。もうやめよう、この話題。

1.で、ここが食堂だな。結構繁盛しているぞ。

2.おすすめはこのネタが選べるちらし寿司とのことなので、それにしてみよう。

1.すみませ~ん!マグロとひらめとままかりでお願いします。

2.なるほど、桶に酢飯が盛ってあって、注文ごとにおっちゃんがネタを乗せていくのか。合理的だな。

1.うん、ボリュームもあるし、ネタも悪くない。なかなかいいんじゃないか?

2.確かに。それはそうと、制服を着た人とそうでない人がいるんだけど、明らかに制服組の方が身体が大きいのが気になって仕方がないんだけど・・・

1.本当だな。特に警視庁に採用されるのに身長制限があるとは聞いてないけど。

2.自ずと採用者の好みが反映されているんじゃないか?盾になってもらうためにも身体が大きい方がいいし。

1.またそういう危険なことを言う・・・

2.最上階に喫茶店があるらしいから、そちらも行ってみよう。

1.おお!素晴らしい展望だ!!皇居が見下ろせる。なんか不遜な気がしてくるほどだ。内装も綺麗だし。

2.ブレンド220円でこの雰囲気なら凄くお得だな。毎日でも来たいところだけど、そうそう入れないんだよなぁ・・・

1.地下の食堂と違って女の人も結構来ているね。サンドイッチセットとか食べてるぞ。

2.あと最上階には道場があると案内板に書いてあったな。

1.ああ、あれだ。板の間の道場だ。広いなぁ、ちゃんと太鼓もある。剣道場だね。

2.こっちは音楽隊だ。ここで練習するんだろうか?

1.さっき、食堂の外にとまっていたピーポくんのマーク入りのバスは、音楽隊の遠征用らしいぞ。

2.方々の小・中学校などに呼ばれていくのかな。それにしても何で警視庁で音楽隊?

1.軍楽隊の流れじゃないか?志気を鼓舞するために必要なんだよ。

2.そんなもんかなぁ・・・

1.で、中央管制室がその隣だ。

2.なんか賑やかな施設に囲まれているけど、大丈夫なのか?この管制室・・・

1.どんな治安の危機も、気合と音楽で乗り切るんだよ。

2.管制室だけ盛り上がっててもしょうがないだろ!