26
7月

ぶんちん堂・書籍出版事業本部にて。

事業本部長(以下、部長):「おお、出来たか! 並べて積み上げるとなかなか壮観だな。」

0019a.JPG

制作担当者(以下、制作):「触ってみてください。まだ焼きたてのホカホカですから。(笑)」

部長:「あちちっ! 本当だ。 「出版社とは町のパン屋さんのようなもの」だと言った人がいるが、まさにそんな感じだな。」

制作:「ここにあるのは既に注文を受けた分ですので、余熱が取れたら全て出荷します。」

0003a.JPG

部長:「そうか、なんか我が子を旅に送り出す親のような心境だな・・・ 可愛がってもらうんだぞ!」

制作:「「パン屋」じゃなかったんですか?(笑)」

販売担当者(以下、販売):「そういえば部長、懸案だった匿名配送の体制が整いましたよ。それによって決済手段も「クレジットカード」「ネットバンク」「代引き」とバリエーションが広がりました!」

部長:「おお、それは素晴らしい!簡単に説明してくれないか?」

販売:「はい、では主にお客様の立場からご説明します。
「匿名配送」とは、お客様が我らに知らせるのは「メールアドレスと注文内容」だけでよいというシンプルなもので、従来のように「住所・氏名・電話番号等々といった個人情報を一切伏せたままで取引ができるというものです。

匿名取引は、ヤマト運輸提供の「オークション宅急便」サービスを利用しますので、事前にそちらに登録(無料)が必要です。既に登録されている方は、「注文手続き」に進んでください。

●ヤマト運輸HPにおける事前登録作業
(既に登録されている方は、この作業は不要です)

1.「クロネコメンバーズ」に登録し、「クロネコID」を取得する。
※ヤマト運輸HP(http://www.kuronekoyamato.co.jp/)の右側メニュー中段の「新規登録(無料)」をクリックし、指示に従ってください。

2.取得した「クロネコID」でログインし、画面下部の「ネットオークションの荷物を安心して受け取りたい」をクリックする。

3.画面上部の「オークション宅急便IDをお持ちでない方は、こちら」をクリックし、指示に従ってください。

4.登録完了後、登録した住所に「オークション宅急便ID」がメール便で送られてくる。
※数日間かかります。

5.書かれている指示に従ってログインし、事前登録完了。

●注文手続き

1.ぶんちん堂 Web Shopにアクセスして品物を選ぶ。(説明を読んで検討するだけ)

2.画面左のメニュー中ほどのお問い合わせページを開く。

3.「お名前」欄にはニックネーム(またはダミーの名前)を入力する。
※システム上、「姓」「名」とも入力しないとエラーするため、どちらにも同じものを入力する
※「フリガナ」欄も同様。ムリヤリにでもカタカナで入力する

4.「メールアドレス」を入力する
※確認のため、2回入力する

5.「お問い合わせ内容」欄に注文内容(例:維摩経x1冊、無門関x1冊、金剛経x1冊)を記入し、画面下部の「確認ページへ」ボタンをクリックする。

6.表示された内容を確認し、OKなら画面下部の「送信」ボタンをクリックする。

7.入力したアドレス宛に、ぶんちん堂から「お問い合わせ受付」メールが届く。
※返信不要

8.しばらくすると、ぶんちん堂から、「注文内容の確認」メールが届く。

9.注文内容を確認し、OKであればその旨返信する。

10.しばらくすると、ヤマト運輸から「オークション宅急便承認依頼のお知らせ」メールが届くので、指示に従って「承認」し、手続終了。

●注文手続き終了後、受け取りまで
1.ヤマト運輸から「オークション宅急便お届けご案内」メールが送られてくる。
※配達情報の確認や受け取り日時の変更が可能。

2.受け取り。

以上です。」

部長:「・・・長いな。 結構な手間ではないのか?」

販売:「いや、最初に1度だけしなければならないヤマトHPでの登録作業(無料)がいささか面倒なだけで、その後は注文して2度ほど承認作業するだけですよ。」

部長:「費用面ではどうなんだろうな?」

販売:「登録作業は一切無料ですし、取引時に手数料として数百円程度追加されるだけです。詳しくはヤマトのオークション宅急便の解説ページをご覧ください。
下部に手数料の表がありますので。
ちなみに、イーバンク銀行を利用した場合は168円ですね。通常の振り込み手数料もそんなものですから、これは安いですよね。
ただ、代引きにすると420円かかるようですが。」

部長:「なるほどなぁ、それが個人情報保護の対価ということか。安いんだか高いんだか・・・」

販売:「それから部長、宅急便で送ることになりますので、その費用が別途かかります。30冊ぐらいまでで700円程度です。メール便の80円に比べると高いですが、翌日には受け取ることができますので早いですよ。」

部長:「うーん、1冊欲しいだけの場合、従来どおりなら1080円のところが、2000円ぐらいかかってしまうのか・・・ ニーズはあるのかなぁ?」

販売:「まぁ、それはお客さん次第ですよ。そもそも宅急便で送って欲しいということであれば、送料込みで1700円ぐらいになるのですから。」

部長:「それもそうだな。しばらく様子を見ようか。じゃあ、打ち上げ用のビールを買いにいくとするか!
経理! あとで領収書をまわすからよろしくな!!」

経理:「よろしくじゃないですよ、まったく! 損益分岐点は遠くなる一方ですねぇ・・・」

Leave a Reply