夕刻、ぶんちん堂・東京オフィスにて。

ブログ管理人(以下、管理人):「みなさま、ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ開設の運びとなりました!日々の活動の記録やお知らせなどをどんどんアップして参りたいと思いますので、今後ともよろしくお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます!」

事業本部長(以下、部長):「いや、このエントリの並びはなんかおかしくないか?本来このエントリが一番最初にくるべきなのに、過去日付のエントリが先に掲載されているぞ。」

管理人:「いや、それには色々と事情があるのですよ。」

部長:「システムの使い方がよくわかってないだけだろ?」

管理人:「・・・はい、そうです。」

部長:「まぁ、ブログもサービスを提供している会社ごとに色々とクセがあるからなぁ。使い勝手のよしあし、というか、慣れの問題もかなり大きいし。ところで、なんで今さらブログなど開設するのだ?」

管理人:「ショップページに「ライブ感」を持たせようと思ったのですが、わりとカッチリしたシステムであることが災いして、あまり構成がいじれなかったのですよ。「新着情報」に入れれば済むかとも思ったのですが、あそこにあまり情報を詰め込みすぎるのもウザイですし・・・」

部長:「従来どおり下書きに使っている「mixi」で用が足りるのではないか?」

管理人:「いや、それも考えたのですが、現段階ではまだ「mixi」は招待会員制なので、誰もがふらっと訪れるというわけにはいかないじゃないですか。「ぶんちん堂」全体は既にパブリックスペースに進出しているのですから、それにまつわるあれこれの情報発信もオープンであるべきですよ。」

部長:「そんなもんかなぁ。」

管理人:「そんなもんなのです!」

部長:「・・・継続できるのか?」

管理人:「うっ・・・イタイところを・・・」

部長:「結局、この書き込みの後、2、3回更新してあとは野ざらしになるのではないのか?」

管理人:「い、いや、大丈夫ですよ。このブログはこれまで失敗してきたような「高邁な思想を謳いあげる」とか、「オリジナル大論文を発表する」とか、「日々の思いを語る」とかではないのですから!」

部長:「・・・いや、あまり説得力がないな。どう違うというのだ?」

管理人:「一人者視点ではないということです。人間がひとりで思いつくことなど、所詮は多寡が知れています。ブログが行き詰るのは、主にその限界をクリアできないからです。巷でも継続性の強いブログはみな、それを解決するための工夫があります。たとえばニュースや時事問題などをネタにしたものなどがそうですが、それも余程の見識をもってやらない限り、「脊髄反射」的な内容のオンパレードとなってしまうので、読む側に「オナカいっぱい」感を与えないようにしつつ品性を保つのは至難の業です。」

部長:「・・・だから何なのだ?」

管理人:「我々は「ひとり」ではないということですよ! たくさんの人格があれば、それだけ多角的なエントリを生み出すことが可能となるということです!」

部長:「大丈夫かなぁ・・・」

管理人:「大丈夫でしょう、きっと・・・ 死にはしないでしょうし。」

部長:「誰がだよ!(苦笑)」

Leave a Reply