事業本部長(以下、部長):「どうだ、引き続き売れておるかな?」

営業:「ええ、ひと頃のような勢いはありませんが、ポツポツと注文が入っています。ありがたいことですねぇ。」

部長:「そうか、それは何よりだ。しかし、いまだに累積赤字を解消するには至っていないし、我らの人件費はいまだかつて一度も支払われたことがないという状況に変わりはない。作家への原稿代も払えていないし、もうちょと何かブレークスルーがないとキビシイなぁ・・・次回作の「超訳・夢中問答」の執筆ははかどっておるのかな?」

作家:「それはまぁ、ボチボチと・・・」

制作:「部長! それに関して、重大な問題があることが判明したのですが、今お話していいでしょうか?」

部長:「な、なんだ!? どんなことだ?」

制作:「先日もチラッと話題になっていたかと思いますが、現在制作中の「超訳・夢中問答」は300ページ近い「大作」となる見込みです。
それ自体は大変に喜ばしいことなのですが、いったい単価をいくらにしたらよいのかという問題が出てきました。
既刊の「超訳3部作」は、それぞれ80ページ強で、千円均一としています。
これは超訳文庫創立時のポリシーである「1ページ10円」に乗っ取った設定なのですが、これをそのままあてはめると、なんと3000円とかになってしまうのです。
いくらなんでも、これはちょっと高すぎますよねぇ・・・」

仕入:「従来の装丁を踏襲する限り3000円がギリギリの線です。それ以下では原価率の観点からもまるで見合いません。」

営業:「うーん、自家制作本といえども仕上がりに関しては決して低い方ではないと自負してはいるものの、3000円の価格設定は確かにキツイ。市販本は上質紙使用のフルカラーで400ページもあって1600円ぐらいのヤツがザラにあるわけだし、内容はともかくとして、外形的な比較をされると話にならないなぁ・・・」

部長:「むむむ、確かに・・・ 家内制手工業の弱点のひとつがそこにあるわけなのだが、逆に様々な点で小回りがきくという強みもあるはずだ。なんとか智慧を絞ってみようではないか!」

作家:「3分冊にしたらどうですかね? 
上・中・下として、それぞれを1アイテムとして扱えば、原価的にも見合いますし、営業的にもやりやすいんじゃないですか?」

制作:「な、なるほど! 確かにそれなら従来の製本手法を完全に踏襲しつつ、3倍の量のテキストが扱える!」

営業:「アイテム数が増えるのは、こちらとしてもやりやすくなるので有難い!」

仕入:「そうですね。それであれば、原価構成は従来どおりですので悩む必要はなくなります。」

部長:「おお、素晴らしい名案だ! そうすれば全部書きあがるのを待つことなく、今年中には上巻が発刊できるだろう。この手の商売は何よりも「ライブ感(動いてる感)」が重要だからなぁ。是非、そうしようではないか!!」

作家:「本当は全部書き上げた上で構成を確認したいんですがね・・・ 背に腹は変えられないってとこですか。」

部長:「そうだな、最初の方と最後の方で登場人物のキャラ設定が変わっちゃったりしても困るしな・・・」

営業:「そんなの連載マンガとかでは日常茶飯事ですよ。一部のマニア以外気にしませんって!」

部長:「いや、原文がネットで公開されているにもかかわらず、我々の本を買ってくれるような方は、気にするんじゃないかな?」

営業:「そうですね・・・ 最終的にあんまりヒドイ場合は改訂版を贈呈するぐらいの対応が必要かも知れませんね。」

部長:「そうだ、上・中・下が出揃った段階で、改訂済みテキストによる合本を制作し、それを進呈するというのはどうだろう?」

一同:「だからそれの価格設定はどうするのですか!?」(苦笑)

Leave a Reply