東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

updated 2022-06-20

  • HOME
  • >
  • 第18話 流れを見切れ!(一体同観分)

超訳【金剛経】

第18話 流れを見切れ!(一体同観分)

2008.12.4


ブッダがスブーティに尋ねます。

「なぁ、スブーティ。
もしも「真実と一体化した人」がいるとするならば、その人は眼を使って見ることができるだろうか?」

スブーティ:「はい先生、できると思います。」」

ブッダ:「「第三の眼」で見ることはできるだろうか?」
スブーティ:「はい先生、できると思います。」

ブッダ:「「智慧の眼」で見ることはできるだろうか?」
スブーティ:「はい先生、それもできると思います。」

ブッダ:「「法の眼」で見ることはできるだろうか?」
スブーティ:「はい先生、それもできると思います。」

ブッダ:「それでは「究極覚醒者(つまり仏のこと)の眼」で見ることはできるだろうか?」
スブーティ:「はい先生、当然できますとも!」

ブッダ:「うむ。
それではスブーティ、「真実と一体化した人」は「ガンジス河の砂」の話をしたっけ?」
スブーティ:「はい先生、確かにされました。」

ブッダ:「それではガンジス河の砂の数だけガンジス河があったとして、それらの砂粒を全部合わせた数だけの宇宙があるとしたら、それは「多い」かな?」
スブーティ:「先生、それは「多い」に決まっています!」

ブッダ:「わっはっは!そりゃそうだな。
いいかスブーティ、人間を始めとした全ての生物の思考や行動は、遠い過去からの経験や記憶の「流れ」によって決定づけられているのだ。
私はな、無数の宇宙に生きている全てのものたちの「流れ」を、完全に見切ったのだ。
さらに、その「流れ」は、実は「流れ」なんかじゃないということもな。
そしてそれこそが「流れ」なのだということも。

スブーティよ、凡人たちが「心」などと呼んでいるものはだな、実は遠い過去から未来へと絶え間なく続くこの「流れ」が見せる、一瞬のきらめきにすぎないのだよ。
だから、「心」を過去に求めることはできないし、未来に求めることもできないということになるのだ。
そして、現在においても「心」など求めることはできないのだ!」

  • 以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
  • 画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
  • メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る
それでは、どうぞごゆっくり
↓   ↓   ↓

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIcon おもしろ論語(孔子)
LinkIcon 老子
LinkIcon 荘子
LinkIcon 列子
LinkIcon 孟子

四書五経

LinkIcon 【大学】

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。

LinkIcon 井上円了
LinkIcon 【西国立志編】
LinkIcon 富永仲基
LinkIcon 内藤湖南
LinkIcon 【風姿花伝】

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon 【旧約の預言者たち】

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。

LinkIcon 【中国武術論】

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。

LinkIcon ぶんのすけ文集

LinkIcon ぶんちん堂 Web Shop


超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

LinkIcon ぶんちん堂 公式ブログ


超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト主人のぶんのすけも「作家」として登場します。