東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

updated 2022-06-12

  • HOME
  • >
  • 第25話 風俗嬢と善財くん

超訳【華厳経】

第25話 風俗嬢と善財くん

2007.7.21


24人目のインタビューが終わった時、善財くんはこのような情報を得ました。
「ここから南へいくと、ドルーガ(険難)という国があり、そこにはダクシナーパタ(宝荘厳)と呼ばれる大繁華街があります。
そこに「ヴァスミトラ」という名の女性がいますので、是非、お会いになるといいですよ。」
善財くんが言われたとおりに南へいくと、果たしてギンギラの大繁華街に到着しました。
早速、街を歩いていたオッサンを呼び止めてたずねました。
「ちょっとおたずねします。ヴァスミトラという名の女性に会いたいのですが、どこに行ったら会えるでしょうか?」
オッサンは怪訝そうに善財くんを見つめました。
「オマエさん、まだこどもじゃないか。
しかも、なかなか賢そうだし、かなり良家の出と見た。
そんなオマエが、あのヴァスミトラに会いたいだと?
ふむ、どうしたものか・・・」
そのやりとりを見ていた別のオッサンが話しかけてきました。
「まぁまぁ、いいじゃないか。
会いたいっていうんだから、何か事情があるんだろうよ。
教えてやろうぜ。このボウヤなら大丈夫だよ。
かなり賢そうだから、彼女に会ったぐらいで道を踏み外したりはしないさ。
なぁ、ボウヤ?(笑)
ヴァスミトラなら、北の街外れに住んでいるよ。」
善財くんはオッサンに感謝すると、教えられた場所へ行ってみました。
するとそこにあったのは、目もくらむような豪勢な屋敷でした。
十の垣根と掘割に取り囲まれ、水面にはよい香りのする花が咲き乱れ、建物も蔵も無数にあり、どれもこれもとても立派な素材が惜しげもなく使用された、まさに大豪邸です。
元々金持ちの家に生まれ育った善財くんですが、これにはちょっとビビリました。
「こ、ここは、ひょっとして、シャレにならない高級風俗店では?・・・」
恐る恐る入っていくと、奥の部屋の立派なベッドの上であぐらを組んで座っている女性と出会いました。
その女性のルックスは、美しくまた愛らしく、瞳はやや黒味がかった紺色で、大きすぎもせず小さすぎもせず、髪も長すぎもせず短すぎもせず、そのピチピチした肌の色は黒すぎず白過ぎず、まさに輝くばかりの完璧なプロポーション・・・
こんな美しい女性がいてよいのだろうか?・・・
そんな彼女こそがヴァスミトラだったのです。
善財くんはすっかりドギマギしながらも話しかけました。
「あの・・・すみません。
実は貴女がとても立派な人だから会うといい、と勧められまして・・・」
ヴァスミトラは言いました。
「あら?私が立派ですって?(笑)
確かにそうかもね。
私は相手をエクスタシーに導いて悩みから救う能力をマスターしているわけだし。」
彼女の声がまた、実にあでやかで耳に心地よく響きます。
善財くんはクラクラしながら言いました。
「は、はぁ・・・エクスタシーですか?・・・」
彼女は言いました。
「そうよ。
相手が神様なら私は天女になるし、相手が人間なら人間の女になるわ。
相手がサラリーマンならOLに、学生なら学生に、無職なら無職の女になるの。
つまり、相手が「なって欲しい」と願うような女を完璧に演じることができるというわけ。(笑)
でもね、私がそうするのは、決して彼らの欲望をふくらましたいからではなくって、逆に彼らの欲望を取り去ってあげたいからなのよ。
例えば、私の声を聞いたものは皆、耳で聞いたことを素直に理解できるようになるわ。
もし、しばらく私の手を握ったならば、「もう何もいらない」という心境になれるハズよ。
また、私の隣に並んで座ったならば、世の中の全てのことが光り輝いて見えるようになるの。
私をじっと見つめたものは、「永遠の休息」とはどういうことなのかを理解できるわ。
もしも私が辛そうな顔をしたり笑顔を見せたりすれば、それを見たものは皆、「外道を滅ぼしてやる!」という意気が盛んになるわ。
私を抱きしめたなら、生きとし生けるものの全てに感謝の心が湧いてきて、優しい気持ちになれるハズ。
そして私とキスした時、言葉にできない宇宙の真理を知ることができるというわけ。
・・・ちょっとムズカシかったかしら?(笑)」
善財くんは言いました。
「いやはや・・・何というか、ものすごいですね。
恐れ入りました・・・
それにしても、貴女はまたどういった経緯で、またどういった修行を積んで、その境地に達することができたのでしょうか?」
ヴァスミトラは答えました。
「ウフフ・・・それはね。
大昔、常住という名の仏様が世に現れたことがあったの。
この仏様は人々が悩み苦しんでいるのを見て哀れみの心を起こし、足踏みをなさったわ。
すると、たちまち大地が激しく振動して、全てのお城が砕け散り、蓄えてあった無数の財宝が皆の頭上に等しく降り注いだではありませんか!
私はその時ある資産家の妻だったのだけれども、この出来事を見て覚悟するところがあって、夫とともに家を捨て、最後に残った財産である宝冠を仏様に奉げたの。
するとそこへ文殊菩薩がやってきて、今の境地を授けてくださったというわけ。」

  • 以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
  • 画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
  • メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る
それでは、どうぞごゆっくり
↓   ↓   ↓

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIcon おもしろ論語(孔子)
LinkIcon 老子
LinkIcon 荘子
LinkIcon 列子
LinkIcon 孟子

四書五経

LinkIcon 【大学】

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。

LinkIcon 井上円了
LinkIcon 【西国立志編】
LinkIcon 富永仲基
LinkIcon 内藤湖南
LinkIcon 【風姿花伝】

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon 【旧約の預言者たち】

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。

LinkIcon 【中国武術論】

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。

LinkIcon ぶんのすけ文集

LinkIcon ぶんちん堂 Web Shop


超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

LinkIcon ぶんちん堂 公式ブログ


超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト主人のぶんのすけも「作家」として登場します。