東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

updated 2022-06-12

  • HOME
  • >
  • 1.エゼキエル

超訳【旧約の預言者たち】

1.エゼキエル

2004.9.30 「エゼキエル書」 読書ノート

 
旧約聖書に登場するあまたの使徒、預言者たちの中でも、その「妄想力」をもって異彩を放つとされた「預言者エゼキエル」さん。
ああ、あまりのナイスポーズに、つい挿絵も入れてしまいました(byミケランジェロ)。

彼は2600年以上前の4月5日、河のほとりで「異常」としか言いようのない「霊体験」をします。
詳しい描写は省きますが、何やらものごっつい異形のものが、まばゆいばかりの光とともに降臨し、「食え」といって巻物をエゼキエルに食べさせたりします。
 
因みに岩波版ではちゃんと書かれていますが、新約とのからみからか、はたまた、「神の名を軽々しく口にしてはいけない」というモーゼの戒律を守っているのか、この異形のものの名は、大概「主」となっているようです。
 
この本では頻出するにもかかわらず、秘められた彼の名、それはユダヤ教の絶対神「ヤハウェ」(本当は「ハ」も小文字)です。
 
元々、旧約聖書は古代ヘブライ語で書かれており、その時の表記は、神聖四文字『YHWH』だったようです。で、発音できないので、母音を補ったものと思われます。(岩波版は、これをさらにギリシャ語訳したものを底本としています)
 
で、あんまりものごつい「霊体験」だったもので、エゼキエルさん、一週間ほど茫然自失としていたようです。
 
・・・で、当然「ヤハウェ」さんは 「何しとんねん、働かんか自分!!」と、種々の指示をエゼキエルに出しまくります。相当な無理難題も含まれており、まさに「パシり」状態。(奥さんも死んじゃったりします)
 
やれ、殺せ、滅ぼせ、ともう大変。で理由は決まって一言、 「彼らは反逆の家だから」・・・
 
ページ数にしたら150pもない本ですが、解説が100ページ近く入ります。それだけ難解だということでしょうか。特に、「40章以下は原文の破損が甚だしく、(中略)訳者独自の解釈により、(中略)一応細かい点まで筋が通った、とおもう。」などと訳者自身に告白された日には、おいおい・・・と思わざるを得ません。後半、急にわかりやすくなるのはそのせいかよ、と。
 
なので、彼の預言者としての真骨頂は、冒頭の「ヤハウェ」出現描写と、第7章の詩「終わりが来る」辺りかなぁ、と思います。

終わりが来る、この地の四方の隅に終わりが来る。 (中略)
終わりが来る。終わりが来る。
終わりが君に臨む、見よ、それはくる。 (中略)
すべての手はだらりとたれ、すべてのひざからは水が流れる。 (中略)
すべてを滅ぼしつくす。 (中略)
こうして彼らはわがヤハウェなるを知るであろう。

こ、怖すぎます・・・ホラーです。何もそこまでしなくても・・・という感じです。
救いはほとんどありません。なにしろ絶対神は「殲滅戦」を仕掛けようとしているのですから・・・
 
ノア、ヨブ、ダニエルら、敬虔なる使徒たちですら、本人以外は家族に至るまで殺戮する、と断言しています。
そんなに怒らなくても、と思いますがねぇ・・・
 
で、40章以降は第1神殿の建築構想みたいな話になってきます。
要は、イスラエルに神殿を築くことで神の怒りを静めようとしたのでしょうね。
実際、天変地異はおこり、ビビッた「反逆者」たちは神殿を建て始めます。
で、「おお!神殿ができるという預言、当たったじゃん!」ということで、やっとこさエゼキエルさんの預言者としての地位が確固たるものになった、ということのようです。
 
いやあ、旧約聖書って、本当に面白いですね。

  • 以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
  • 画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
  • メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る
それでは、どうぞごゆっくり
↓   ↓   ↓

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIcon おもしろ論語(孔子)
LinkIcon 老子
LinkIcon 荘子
LinkIcon 列子
LinkIcon 孟子

四書五経

LinkIcon 【大学】

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。

LinkIcon 井上円了
LinkIcon 【西国立志編】
LinkIcon 富永仲基
LinkIcon 内藤湖南
LinkIcon 【風姿花伝】

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon 【旧約の預言者たち】

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。

LinkIcon 【中国武術論】

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。

LinkIcon ぶんのすけ文集

LinkIcon ぶんちん堂 Web Shop


超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

LinkIcon ぶんちん堂 公式ブログ


超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト主人のぶんのすけも「作家」として登場します。