東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 【天王山の怪】1.むじな

ぶんのすけ文集

【天王山の怪】1.むじな

2005.8.6

ある日、すっかり夜になってしまってから、いつものように一人で走りにでかけた。

線路脇の道を走り、登山道の入口から急坂を登っていく。

このあたりは、夕方ぐらいだと犬の散歩客などが時折いたりもするのだが、暗くなってからはほとんど、というか全くひとけがなくなる。

今日は遅くなっちまったから、宝寺で引き返す「軟弱コース」にしとくか。などと思いつつ登っていくと、道端の真っ暗な茂みの中になにか光るものが動くのが見えた。

「?」と思い、一瞬足が止まった。
そしてバッチリと目があった。
縦長に開いた瞳孔、金色に光るそれはまさしくなにかの動物の眼だった。

「猫か?」と思った刹那、それは茂みから飛び出して、側溝に飛び込むと姿を消した。

あれは猫ではなかった。
私の知りうる限り、あれは「タヌキ」だ。

へぇ、いるんだなぁ、こんな人里近くに。
と思いつつ、ジョギングを続ける。

そしてその帰り道、今度は坂道を下りていこうとすると、なにかが登ってくる気配がした。

樹々に覆われて、真っ暗な坂の闇の中から、走って登ってくるものがある。

「はぁっ、はぁっ・・・」と苦しげな息づかいが徐々に近づいてくる。

こんな時間に何事?と自分のことは棚に上げて薄気味悪く思っていると、白いランニングシャツ姿の小太りのオッサンが一心不乱に走ってくるのが見えた。

なぁんだ、と思って走りながら擦れ違った。

と、その瞬間、オッサンの息づかいが聞こえなくなった。

背筋に冷たいものが走り、とっさに振り向いた。

・・・誰もいない。

その道は一本道。隠れるところはない。
数軒民家があるが、特に誰かが戸を開けて帰っていくような気配もない。

反対側は大念寺の墓地へと続く、急峻な階段があるのみ。

やられた・・・
タヌキは本当に人を化かすのだ。

翌日、明るいうちに現場を見に行った。

オッサンと擦れ違った場所はやはり、タヌキの眼を見たあの場所で、よくよく見ると、その道端にはなにかの結界を示す小さな石碑が半ば埋もれるように立っていたのであった。


大きな地図で見る

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】sintyaku3_red.gif

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。