東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 【怪奇体験集】天王山の怪:イントロダクション

ぶんのすけ文集

【怪奇体験集】天王山の怪:イントロダクション

2005.8.6

かつて私は、大阪と京都の県境にある山崎(ウイスキーで有名)に住んでいました。

当時、不摂生がたたって75kg(体脂肪率25%)まで増えてしまっていた肉体を、若さと体力に任せて、ひと夏で65kg(体脂肪率15%)まで落としたことがあります。

何をしたか?

自宅から天王山山頂(標高270m)まで走って登り下りすることを毎日、休日は朝夕、のってくると更に奥地にある柳谷観音(天王山から奥まること約5㎞)まで足を伸ばすということを繰り返していたのです。(5kgのパワーアンクル着用)

JR山崎駅から線路を渡ってすぐの道を直進すると、いきなりもの凄い急坂になっています。
それが宝寺経由の天王山登山道の入口です。

大きな地図で見る

最初は登るだけで息が切れていたのですが、そのうち登り10分、下り7分で行けるようになってきました。

そうなってくるともう楽しくて仕方がなく、道もわかっているのをよいことに、多少の雨でも実施。
日が暮れてしまっても実施。
「熊出没騒動」のさなかでも実施と、もはや「addict」・・・

休日の日中などは、ハイキング客でにぎやかな場所なのですが、日暮れが迫ると、山はその容貌を一変させます。

ましてや、天王山は古合戦場でもある歴史風土の地。
曰く因縁はありまくりで、よく見ると全体が結界となっている。(都の守護のためと思われる)

あとから知った恐ろしい伝説などもたくさんあったりしてなかなか楽しいところです。山崎周辺は。

メジャーなところでは「信貴山縁起絵巻」の「山崎長者」の段などが有名でしょうか。

さて、前振りも自分で書いていて飽きてきましたので、そろそろ本題に入りたいと思います。

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】sintyaku3_red.gif

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。