東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 【夢魔の書】青、緑、白、そして赤の夜

ぶんのすけ文集

【夢魔の書】青、緑、白、そして赤の夜

2009.3.30

青白い光りを放つ井戸を覗き込むと、水底に白いネグリジェ姿の若い娘が沈んでいるのが見える。

水面に青い液体を垂らすと、ゆっくりと緑色に変色する井戸水。

そして緑色は井戸べりを這い登ると、路面に緑色の光を点々と浮かびあがらせながら道の向こうに続いていった。

光の痕をたどっていくと、近くの古い石造りのビルの下に着いた。

光はそのままビルを登ると、、4階の窓に緑色のマークを浮かび上がらせて止まった。

窓の中に緑っぽい人影が見えたが、顔が白く変形しており、よくわからない。

ビルの外にある鉄製の階段を登っていくと、そこは地元の人たちが集うレストランであった。

レストランの裏口の外は隣のビル(?)の屋上になっており、そこに離れの建物が建てられているのが見えた。

そこにオーナーの息子が住んでいるらしいのだが、扉は閉めきられている。

店の人に訊ねると、もう永らく息子の姿は見ていないという。

レストランの一番奥の席は街のヤンキー風情のたまり場となっていたので、牛丼の大食い勝負を申し込む芝居を打って入り込むことに成功した。

リーダー格の男は乾いた目つきの若者であったが、痩せた下半身をしていてお世辞にも強そうではない。

話をしてみたが、彼らは一様に沈んだ面持ちだ。

女性が死んだことと関係があるのだろうか。

しかし、彼らが女性を殺したようにはとても思えなかった。

激しい憎悪を感じて窓の外を見ると、何やら赤っぽいオーラに包まれた2人がこちらを伺っている。

そして2人は、数度にわたってなにやら赤いトマトのようなものを投げつけてきた。

それは窓ガラスに当たると、意味ありげな白い文様となって、やがて消えていく。

そう、あの赤い塊りは、彼らが投げつける憎悪なのである。

顔を見ようとするも、やはり顔は白く歪んでいて誰だかわからない。

しかし、彼らの姿には見覚えがある。

死んだ娘の年老いた両親である。

オーナーに話を聞くためにレジへいくと、なにやらカウンターに通告状のようなものが置いてあるのが目に入った。

「話し合いも限界であるので、近々強制的に退去を迫る予定」といった内容の、ビルの持ち主からのものであった。

溜め息混じりに奥さんがこぼす。

なんでも16年ぐらい前にビルオーナーが建物の一部を入居者に相談なく改修してしまい、それ以来、関係がこじれたのだとのこと。

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】sintyaku3_red.gif

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。