東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > なりゆき外道

超訳【井上円了】外道哲学

なりゆき外道

2007.7.28

いわゆる「外道」たちは、この世の中がどうやって成り立っているかという問題を論究し、万物は「」からできている、また「」、「」、「」からできているのだと考えた。

そして、それらを合一して「世の中のあらゆる物やハタラキはその4つによってなる」、とする「四大元素論」を編み出した。

*西洋ではエンペドクレスが同様の結論を出している。

さらに、それではその「四大元素」は何でできているのか、ということをさらに論究し、「万物は微細な物質が集散分合することによって変化を繰り返す」のだという「極微(ごくみ)論」に到達した。

*デモクリトスの分子論に比される。

そして、その考え方は、「万物が極小分子によって成り立つのであるから、人間もその辺の石ころなどとなんら変わらぬ「化合物」に過ぎないのだ」という「唯物」論へと行きつく。

人類の持つ「精神作用(識心)」ですらも、化合物の有機反応がちょっと複雑になっただけなのだと。

つまり、「心」も「物」なのだという。

この「唯物」論を受けて、路伽耶(ローカーヤ)派が登場した。

路伽耶派の主張は、以下の通りである。

  • 天地はもちろん、草根木石から人間、さらには精神作用に到るまで、「物質」でないものはない。
  • 万物がひとしく「物質」である以上、発生し、変化して滅びるという「物理法則」から逃れられるものはいない。(人間のタマシイもまた同様)
  • 自然の摂理=物理法則である。
  • 不自然(=反物理的)な行為・思想は成立しない。
  • 全ては「あるがまま(=なされるがまま)」にてあるべし。

そして仏教はこれを「順世外道]として貶斥した。

「なんでもかんでも「なりゆき任せ」だなんて、キサマそれでいいと思ってんのか!?」というわけである。

西暦400年代後半に中国で仏教史を整理した劉虬(りゅうきゅう)という人は、「路伽耶が言わんとすることは、我が国における老荘の主張と酷似している。」と言ったそうだ。

順世外道のエピソードをひとつ紹介しよう。

昔々、「世の中すべてなりゆき任せ」と主張する学者がやってきて、あちこちのお寺にケンカを売ってまわったことがありました。

彼は、世の中がいかに「なりゆき任せ」であるかを40条の箇条書きにした紙をお寺の門に貼り付けて、こう高言したのです。

「さぁさぁ、オレ様のこの素晴らしい理論を見るがいい。
もし一箇所でも論破することができるヤツがいたなら、オレ様の首をくれてやるぜ!
さぁどうした?かかってこいよ、オラオラ!!」

何日かが過ぎましたが、皆遠巻きに見るばかりで、誰も議論しようとする人はいません。

学者はすっかり勝ち誇った気持ちになりましたが、ふと見ると、寺から若い掃除係の修行僧が出てきました。

その掃除係は、学者の目の前で張り出してある紙を引き剥がすと、ものも言わずにビリビリに破いて地面に叩きつけ、土足でガンガン踏みにじり始めたではありませんか!

学者は大激怒して言いました。

「うわーっ!何をするんじゃ!!
オマエ、何者だ?!」

青年は答えました。

「オレ様は、提婆宗だ!!」

それを聞くと、学者は何も言わずにスゴスゴと帰っていったということです。

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】sintyaku3_red.gif

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。