東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

HOME > 第25話 天女あらわる!

超訳【維摩経】

第25話 天女あらわる!

2007.2.26

大勢の野次馬が見守るなか、激しい問答を繰り広げる文殊と維摩。

議論が白熱したその時です。
部屋の中空に突然ひとりの天女が出現しました。

そしてイキナリそこにいる全員の頭上に美しい天界の花びらを振りかけたのです。

菩薩たちの上に落ちた花びらは、そのまますぐに地面に落ちましたが、十大弟子たちの上に落ちた花びらは、なんと彼らの頭や身体にピタリと貼り付いてしまったではありませんか!

大弟子たちは必死になって手で引っ張ったり、日ごろ鍛えた超能力を駆使したりしましたが、くっついた花びらは全く外すことができません。

それを見ていた天女は、シャーリプトラにたずねました。

「ねぇお兄さん、どうしてお花を取ろうとするの?」

シャーリプトラは答えました。

「やかましいっ!どこの世界に花びらを全身にくっつけた修行僧がいるものか!これは我らにはふさわしくないんだよ!だから取るんだ!!」

天女は言いました。
「あらあら・・・そんな風に考えちゃ、お花に失礼だわ。
その花びらは別に「ようし、あいつにくっついてやれ!」なんて考えてあなたにくっついているわけではないのだから。
菩薩の皆さんを見てごらんなさい。
なんで彼らには花がくっつかないのだと思いますか?
悪魔は、「恐れ」のない人には襲いかかれないということがありますよね。
菩薩たちは既に、いかなる外部環境によっても左右されない心を持っています。
もちろん花がつこうがつくまいが、全く気にしません。
だから、かえって花びらはくっつかないのです。
お兄さんたちお弟子さんがたには、どうやらまだ生死に恐れがあるようですね。
眼や耳や鼻などの全身の5つの器官から受ける刺激に対する煩悩が、まだまだたっぷりと残っているのでしょう。(笑)」

シャーリプトラは、ムッとして話題を変えました。

「そういえば天女さん、あんたいったいいつからこの部屋の中にいるんだい?」

天女:「そうね、維摩のオジサマが解脱しているのと同じぐらいかしら。」

シャーリプトラ:「え?じゃあ、もうずっと長いこと?」

天女:「あら、オジサマの解脱はずっと長いあいだだと考えてるわけ?」

シャーリプトラ:「・・・・・・・・・」

天女:「あらあら。お兄さんみたいに賢い人が、どうして黙っちゃったの?」

シャーリプトラ:「うるさいな!解脱ってのはな、言葉では表現できないものなんだよ!だから・・・オレにはここで何て言ったらいいか、わからないんだよ・・・」

メニューの使い方

以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る


↓それでは、どうぞごゆっくり。

仏教系

中国の古代思想

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIconおもしろ論語(孔子)
LinkIcon老子
LinkIcon荘子
LinkIcon列子
LinkIcon孟子

四書五経

LinkIcon【大学】

日本の哲学・思想

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。
LinkIcon井上円了
LinkIcon【西国立志編】
LinkIcon富永仲基
LinkIcon内藤湖南
LinkIcon【風姿花伝】sintyaku3_red.gif

キリスト教系

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon【旧約の預言者たち】

中国武術論

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。
LinkIcon【中国武術論】

ぶんのすけ文集

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。
LinkIconぶんのすけ文集

書籍版のお求めはこちら

LinkIconぶんちん堂 Web Shop

超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

ぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

LinkIconぶんちん堂 Web Shop 公式ブログ

超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト管理者のぶんのすけも「作家」として登場します。