東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

updated 2022-06-12

  • HOME
  • >
  • 【夢魔の書】聖地巡礼

ぶんのすけ文集

【夢魔の書】聖地巡礼

2006.7.7

朝、NHKをつけたら、「聖地巡礼」というシリーズ番組をやっていた。
天を突くような高い金色の塔を、カメラが上部から下部へ、なめるようにゆっくりと撮り下ろしてゆく。
女性キャスターと解説者らしき男性の2人が何やら話している。
女性キャスター曰く、
「ここは、仏教の聖地、ラサです。標高○千mのこの地では、真夏の今でも、日中の気温が20℃を下回ることも珍しくありません。」
見ると、黄色の袈裟を着た、若い修行僧たちが朝の勤行をするために塔へ向かうのが見える。
彼らは皆、一様に痩せており、とても空腹そうに見えた。
あの身体では、この肌寒さはこたえるだろう・・・
天を仰ぎ見ると、灰色に曇った空から、何やら白く小さなものがチラホラと降っている。
雪!?・・・まさか!?
改めて塔を見ると、外側をめぐる回廊に、金色の仏像(座像)が見渡す限り、ズラーっと並べられている。
どういう仕組みかはわからなかったが、それらは少しずつ前に進んでいるようであった。
その金色の仏像の行列が、全員、らせん状に塔を登り終わってから、一般の観光客を入場させるシステムらしい。
見ると、仏像行列の最後尾には、既に観光客が並び始めている。
TVカメラもその後について入ってゆく。
ズラーっと並んでいる無数の仏像たちの行列。
しかし、よくよく見てみると、それらは皆、人間の修行僧であった。
黄衣をまとい、頭にコブのようなものがたくさんあるので、遠目には仏像に見えたようだ。
それであるなら、少しずつ塔を登っている理由も説明がつく。
仏像(座像)は、動かないもんな。
頭のコブについて、一般客(小さな子連れの若い女性)が質問している。
見ると、僧の一人が嫌な顔ひとつせず、質問に答えてあげている。
柔和な、良い顔立ちの僧だ。
「我々修行僧は、皆、この一寸四方の布を、胸の部分にあてがうのです。それは・・・云々」などと解説しているのが聞こえてくる。

  • 以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
  • 画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
  • メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る
それでは、どうぞごゆっくり
↓   ↓   ↓

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIcon おもしろ論語(孔子)
LinkIcon 老子
LinkIcon 荘子
LinkIcon 列子
LinkIcon 孟子

四書五経

LinkIcon 【大学】

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。

LinkIcon 井上円了
LinkIcon 【西国立志編】
LinkIcon 富永仲基
LinkIcon 内藤湖南
LinkIcon 【風姿花伝】

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon 【旧約の預言者たち】

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。

LinkIcon 【中国武術論】

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。

LinkIcon ぶんのすけ文集

LinkIcon ぶんちん堂 Web Shop


超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

LinkIcon ぶんちん堂 公式ブログ


超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト主人のぶんのすけも「作家」として登場します。