東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

updated 2022-06-18

  • HOME
  • >
  • 翁の文(抄):1

超訳【富永仲基】

翁の文(抄):1

2006.7.9

 
今の日本では、神・儒・仏の三つの教えが主流のようであるが、なんのことはない「神事・儒事・仏事」ばかりであり、おおよそ「神道・儒道・仏道」といえるようなものではない。
 
例えば、隣り合った家の味噌汁の具が必ずしも同一でないように、ところ変われば品が変わり、時代が変わればまた変わるのである。
 
今現在、すぐ近くにあるものですら、完全に真似るのが困難であるのに、中国やインドなどという遠く離れた国の風俗を、そっくり真似しようなどというのは、アホのやることである。
 
ましてや、「神代の昔」の事柄を今の世の中でそのまま実施しようなどというのは、これはもう極めてバカタレとしか言いようがない。
 
だいたい、宗教・学問でも政治でも産業でもなんでもそうだが、何か自分の「オリジナリティ」を打ち出そうとする時には、何でもよいから既にあるものを持ち出してきて、それとの違いを声高に叫ぶというのが、今も昔も変わらない常套手段である。
 
「私のこの○○は、あの××なんかとは、△△の点において格段に優れているのであり、すなわち、あいつはダメで私のほうが素晴らしいのだ!」とかいうヤツだ。
 
そして後世のマジメな人たちは、そのおかげで大いに混乱させられることになるのである。」
 
大昔のインドの様々な宗教が目指したものは、それぞれ表現の違いはあるものの、要するに「こんなしょーもない人間界ではなく、苦しみのない「天」に生まれ変わりたい」ということであった。
 
そのお陰で、お釈迦様が生まれる頃までには、既に32もの異なった「天」が出来上がってしまっていた。
 
お釈迦様も最初はそれらの教えを学んだのだが、この上、また新しい「天」を持ち出してきても「いまさら」感があるばかりで、イマイチ、ウケそうにもなかった。
 
それが、彼が「新機軸」を打ち出さざるを得なかった、真の理由なのである。
 
当のお釈迦様でしてからがそれなのであるから、現在の仏教諸派が、一様に「仏教」を名乗っておきながら、それぞれに全く違う経典を「最上」として、その見解がてんでバラバラなのも、きわめて当然のことなのである。
 
そんなわけであるから、現在、それぞれの宗派・門派が、その優劣を競い、互いに罵りあっているようなのは、おおよそ悟りからは程遠いものと思わざるを得ない。

  • 以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
  • 画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
  • メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る
それでは、どうぞごゆっくり
↓   ↓   ↓

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIcon おもしろ論語(孔子)
LinkIcon 老子
LinkIcon 荘子
LinkIcon 列子
LinkIcon 孟子

四書五経

LinkIcon 【大学】

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。

LinkIcon 井上円了
LinkIcon 【西国立志編】
LinkIcon 富永仲基
LinkIcon 内藤湖南
LinkIcon 【風姿花伝】

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon 【旧約の預言者たち】

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。

LinkIcon 【中国武術論】

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。

LinkIcon ぶんのすけ文集

LinkIcon ぶんちん堂 Web Shop


超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

LinkIcon ぶんちん堂 公式ブログ


超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト主人のぶんのすけも「作家」として登場します。