東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

updated 2022-06-12

  • HOME
  • >
  • 【夢魔の書】面 in BLACK

ぶんのすけ文集

【夢魔の書】面 in BLACK

2006.8.12

男たちが5~6人、薄暗い部屋の中で囲炉裏を囲み、黙々と何やら作っている。
たまに囲炉裏の火で焼いたりしながら、ひたすら手作業で、それぞれに何かを作っているようだ。
やがて完成したようで、皆、互いに自作を見せ合っている。
彼らの中で一番寡黙な、主任っぽい雰囲気の男が作ったものを見て、同輩らしき男が感嘆の声をあげた。
「ほら、○○さんのを見てみろ。スゲーぞ!」
次々と覗き込んでは、口々に「おお・・・」とか「ほう!」とか「む、さすがですね・・・」などと褒めたたえる男たち。
私も見せてもらったのだが、それは何やら炭のような真っ黒な素材であった。
いったい何がそんなに凄いのかよくわからない、という顔をしていると、先ほど「スゲーぞ!」と言っていた男が解説してくれた。
よく見ると、その人の作ったものは炭素繊維の向きが綺麗に揃っているのだった。
棚においてあるサンプルも見せてもらったが、他の人が作ったものは、繊維の向きが不揃いなものもあり、その差は歴然としていた。
さらにその「素材」を使って作られた、2つの真っ黒な「面」を見せてもらった。
何やら仏の顔のようなものである。
片方は、ずっしりと重く、表面は黒く艶やかで、なんともいえない質感がある。
もうひとつの方は、同じ面なのだが、表面が粗く、白っぽくなってしまっており、ぽろぽろと剥離しかかっている。
成程。あの繊維の向きの揃い方如何で、仕上がりがここまで違ってしまうのか。
などと感心していると、もっと大きな像を見せてくれた。
2m四方ほどの立方体を彫りこんで作った、これまた仏教系の立像のようなものである。
インドっぽいテイストのその像は、不動明王にも阿修羅のようにも見えた。
背後に炎のような模様が掘り込んである。
薄暗い上に真っ黒な物体なので、細部がよく見えなかったのだが、側面に細い紙片が貼り付けてあり、それには「Nsyaku Ayura」と英文でタイプされているのが見て取れた。
しばらくシゲシゲと見ていると、男たちは退出し、入れ替わりに年輩(60前?)の男が、袈裟を着用した90歳近い老人を連れて入ってきた。
・・・和尚?
年輩の男がロウソクを燈すと、薄暗い部屋が少しだけ明るくなった。
やはり像は仏像のように見える。
年輩の男が口を開いた。
「それでは、お願いいたします。」
老和尚は、
「ふむ、久し振りじゃからな。ちゃんとできるかどうか、わからんぞ。」
などと言いながら、なにやらお経を読み始めた。
なんとも不思議な節回しのお経で、明らかに日本語ではない。
中国語?パーリ語?などと考えながら、和尚の背後に正座して聴く私。
そうこうするうちに和尚はノッてきたらしく、歌うように誦経しながら身体を左右にゆすり始めた。
そして、サッと前方に手を伸ばすと、カチッと何かのスイッチを入れる老人。
突然、珍妙なテクノのような曲が流れ始め、老人の踊りは激しさを増した。
・・・まるで「パッション屋良」のような動きだ。
呆気にとられていると、年輩の人が私に言った。
「ホラ!座ってないで君も一緒にやりなさい。」
仕方なく和尚の後ろで珍妙な動きを真似して踊る私。
まるで「やわらか戦車」のような甲高い歌が始まった。
・・・なんじゃこりゃ?インドのエアロビか?
などと思いながら、ふと横の壁を見ると、大きなポスターが貼ってあるのが目に入った。
1950年代風の、実に妙ちきりんな色使いのポスターで、もの凄い笑顔を浮かべながら足を高くあげて踊っている女性のイラストが書いてある。
その下に書いてある英文に、私の目は釘づけとなった。
"FOR 19MINUTES"
これ、19分もやるの!?

  • 以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
  • 画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
  • メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る
それでは、どうぞごゆっくり
↓   ↓   ↓

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIcon おもしろ論語(孔子)
LinkIcon 老子
LinkIcon 荘子
LinkIcon 列子
LinkIcon 孟子

四書五経

LinkIcon 【大学】

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。

LinkIcon 井上円了
LinkIcon 【西国立志編】
LinkIcon 富永仲基
LinkIcon 内藤湖南
LinkIcon 【風姿花伝】

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon 【旧約の預言者たち】

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。

LinkIcon 【中国武術論】

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。

LinkIcon ぶんのすけ文集

LinkIcon ぶんちん堂 Web Shop


超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

LinkIcon ぶんちん堂 公式ブログ


超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト主人のぶんのすけも「作家」として登場します。