東西の古典を、きわめて平易な現代語に訳出する試みです。
意によって大幅に構成を改編し、読みやすくするために潤色を施しています。

updated 2022-06-12

  • HOME
  • >
  • 【夢魔の書】残魂譚

ぶんのすけ文集

【夢魔の書】残魂譚

2005.7.11

その宿の部屋は広かった。
(寝室と、居間の二間があるというホテル風の間取り)
入った瞬間、妙な感覚を覚える。というか、とりあえずカビくさい。分厚い濃緑色のカーテンを一日中閉めきりにしていたからだと思われる。
まったく、日中ぐらい窓を開けて風を通せよな。
と、心の中でつぶやきつつ、クローゼットの上に荷物を放り出し、ベッドに身体を横たえた。白い天井が見える。
漆喰か?かなり年代物の建物だな。
さぁ、とっとと寝るか、明日は仕事だ。国外出張も楽じゃない。
小腹が空いていたので、カバンを開けると、スナック菓子を取り出し、少し食べてから洗面所に行き、口をゆすぎ、顔を洗う。
顔を拭き終えて、ふと見ると、風呂場の電灯がついている。おかしいな、消したはずなのに。というか、俺使ってないぞ!
電灯を消して戻ってみると何かおかしい。
荷物の位置が微妙に変わっている。
それからスナック菓子が明らかに減っている。
荷物の前に立ったまま、周囲に神経を巡らせてみる。
間違いない。気配がする。誰かがいた、あるいはまだいる。
でも邪気は感じない。
ふと、この地方に伝わる妖精の伝説を思い出した。
いたずらが大好きで、しばしば人々を困らせるので、いまだに「魔女」と呼ばれるお祓い専門の人がいるという話だったか。
そのまま振り向くと、ソファーに深く腰をおろした。
「出てこいよ。いるんだろ?そこに。」
言い終わるやいなや、カーテンの裏から、クローゼットの下の段から、そして私の座っているソファーの下から、彼らは姿をあらわした。
本当にいたのか!
驚きを必死に押し隠しつつ、彼らをよく見てみる。
男の子だ。3人いる。目が青い。兄弟か?
一番大きい子が10歳ぐらいか?ちょっとぽっちゃりしている。
2番目の子は8歳ぐらい?まぁ普通の体格。
一番下の子は5、6歳ぐらいだろうか。とても痩せている。
皆、叱られると思ってか、少しおびえたように、上目遣いにこちらを見ている。
拍子抜けした私は、笑いながら言った。
「食べなよ。お腹空いてるんだろ?」
とても嬉しそうな笑顔を浮かべると、彼らは残りのスナックを食べ始めた。
さて、どうするかな・・・
とりあえずフロントで相談してみるか。
立ち上がってドアに向かうと、彼らが心配そうにこちらを見た。
「ジュースを買ってきてやるよ。」
安心した彼らはまたスナックを食べだした。
エレベーターで1階のフロントに行くと、60歳ぐらい?の女性がいたので話しかける。
「ジュースをください。それから「魔女」・・・」
突然気配を感じて振り向くと、先ほどの3人がこちらを見つめていた。一番大きい子は明らかに怒っている。
一瞬凍りついたが、手を差し伸べて言い訳しようとした途端、彼らは逃げ出した。
「ちょっと待って!」思わず声をあげ、追いかける。
閉まりかかっているエレベーターの扉に手をかけ、中から一番小さい子を引きずり出した。
「すまん。もう何もしないよ。本当だ!」
というと、残りの二人も不承不承出てきた。
フロントのおばさんやホテルの従業員が数人、何事かと思って立ちつくしている。
「ああ、ジュースをください。それから何か食べ物はありますか?」
じきに飲み物、食べ物が運ばれてきて、こどもらは一心不乱に食べ始めた。
しばらくすると、一番小さな子が私のところにやってきて、人懐こそうに笑うと、膝の上に身体を横たえた。
「どうしてあんなところにいたんだい?」と尋ねてみる。
「さぁね。もう忘れちゃったよ。」
「いつ頃からいるんだい?」
「さぁね。もう忘れちゃったけど、死んだのはついこの間だよ。」
「それまではどうしていたの?」
「う~ん・・・あんまり覚えてないけど、ずっとあの部屋で隠れながら、外から来た人の持っている食べ物をこっそり食べてたんだ。でも、全然おなかがいっぱいにならなくて、そのうち眠くなってきてね・・・」
「で、どうしたの?」
「うん、動けなくなっちゃったから、多分死んだんだと思う。ああ、死にたくない!って思ったことだけは覚えているよ。」
彼は満腹になったのか、幸せそうな笑みを浮かべながら目を閉じた。
何ということだ・・・
彼の小さな胃袋は、こんなにも簡単に満たすことができたのに、私には彼を救うことができなかったのだ。
彼を強く抱きしめると、私も目を閉じた。

  • 以下のメニューバーをクリック⇒ ジャンルごとに開閉
  • 画面左上の「超訳文庫」ロゴマークをクリック ⇒ 超訳文庫トップページへ戻る
  • メニュー上下の横長バーの「HOME」をクリック ⇒ 各コーナートップページに戻る
それでは、どうぞごゆっくり
↓   ↓   ↓

昔の中国の人が考えたこと

諸子百家

LinkIcon おもしろ論語(孔子)
LinkIcon 老子
LinkIcon 荘子
LinkIcon 列子
LinkIcon 孟子

四書五経

LinkIcon 【大学】

日本が誇る大学者のご意見たち。
今のところ、明治維新期に活躍した人がメインです。

LinkIcon 井上円了
LinkIcon 【西国立志編】
LinkIcon 富永仲基
LinkIcon 内藤湖南
LinkIcon 【風姿花伝】

キリストが生まれるよりも昔から、「神」と人との間にはいろいろあったのです・・・

旧約聖書

LinkIcon 【旧約の預言者たち】

中国武術家である徐紀(Adam Hsu)老師の論文をご紹介。

LinkIcon 【中国武術論】

古典翻訳ではない、自作の文章を掲載します。「超訳文庫」の趣旨から外れますが、ご容赦くださいませ。

LinkIcon ぶんのすけ文集

LinkIcon ぶんちん堂 Web Shop


超訳文庫のコンテンツを書籍化して頒布する企画です。
PC画面もいいけれど、じっくり読むにはやっぱり「本」がよいという方にオススメです。
目に優しく手ざわりのよい書籍用紙を使用。A5サイズです。
編集はもとより印刷・製本に至るまで完全に自家製ですので、仕上がりは工業製品には劣りますが、「手作りの味」だと思っていただければ幸いです。

LinkIcon ぶんちん堂 公式ブログ


超訳文庫の書籍化・通販などを手がける奇特集団、「ぶんちん堂」スタッフによる活動の記録やお知らせ。
当サイト主人のぶんのすけも「作家」として登場します。